<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Webclap
 

Giuseppe Zanotti Design/FW2010-11 Ad Campaign

c0150636_17484367.jpgc0150636_17484020.jpgc0150636_17483937.jpg





















Photographer:Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin

アンニャ・ルービック(Anja Rubik)1985年生まれポーランド出身
Runway(FW2010-11):Bottega Veneta/Dolce&Gabbana/Fendi/Gucci/Max Mara/
Chanel/Christian Dior/Hermes/Karl Lagerfeld/Lanvin and more...
Ad(FW2010-11):LANVIN/FENDI/Equipment/Gap/LANVIN fragrance/Gap fragrance


今やすっかり馴染んだ感があるInez & VinoodhによるGiuseppe Zanotti Design。
モデルにこれまたお馴染みのアンニャ・ルービック。
(SSは取り上げませんでしたのでFW0910をどうぞ。)
美しくエレガントなデザインから、
遊び心満載のキュートなデザインまで幅広く展開されているこのGiuseppe Zanotti Design。
ちょっとユニークで遊び心の有るInez & Vinoodhの作風とピッタリハマる。
Giuseppe Zanotti Designのアンニャは良いよね。
クールで格好良いだけじゃなくて。
これは爽快でPOPなアクション映画のヒロインみたい。



c0150636_17483657.jpgc0150636_17483562.jpgc0150636_17483290.jpg

More
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2010-09-03 18:19 | FW10-11 Ad Campaign

MICHAEL KORS/FW2010-11Ad Campaign

c0150636_1758479.jpgc0150636_17584114.jpg




















Photographer:Mario Testino

カルメン・カース(Carmen Kass)1978年生まれエストニア出身
Runway(FW2010-11):Balmain/Giles/Hussein Chalayan/Isabel Marant/Kenzo/
Dsquared2/Francesco Scognamiglio
Ad(FW2010-11):


美しく紅く彩る公園を背景にMICHAEL KORSは
恋人達の仲睦まじいを瞬間を創り出した。
「リラックスした時に寄り添う都会のカジュアルウェア」といった印象の
秋冬のMICHAEL KORSにピッタリのビジュアル。








キャスティングはお馴染みのマリオ・テスティーノ撮影、
モデルにカルメン・カースという組み合わせ。(SS2010はこちら)
メールモデルのNoah Millsさんも同じく。
この組み合わせは本当に長い。
息ぴったりというのが撮影風景からも見て取れる。
特にモデルの二人なんて本当の恋人同士に見える位程馴染んでる。
(わたくし的にテスティーノのアシスタント?スタッフ?がみんなイケメンなのも気になるんですが。)
どちらか一方でもキャストが違ったら違和感を覚えるだろうな。
まだまだこのキャスティングが続くのか気になる・・。



c0150636_17583954.jpgc0150636_17583758.jpgc0150636_17583562.jpg

More
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2010-09-03 18:19 | FW10-11 Ad Campaign

Vogue Paris May 2007




"Noctambule"

Photographer:Terry Richardson
Model:Daria Werbowy




c0150636_17451431.jpgc0150636_17451128.jpg

More
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2010-09-03 18:18 | Editorial

音楽雑記 84

いつもありがとうございます。
沢山のコメントにやにやしながら読んでます!
これからもスローペース(※多分)で続けて行きますのでどうぞお付き合い下さい。

さて、なにやらランウェイミュージックの反応がとても良いので
今回もまた取り上げてみますね。
後々は1つのカテゴリにまとめられたら良いなと考えてます。
今回はちょい遡ってHERMES-FW0910です。






HERMES/FW0910Full Show










1. One of These Days/Pink Floyd



プログレッシブバンド代表格のピンクフロイドの
71年に発表されたアルバムMeddleより「One of These Days」。
ベースがめっちゃくちゃ格好良い1曲です。
この曲に乗って現れるモデル達は戦士の様に凛々しい。
ブラックのドレス達をピリリと引き締める。
そして先程検索して初めて知ったのですが、
この曲はプロレスラーのブッチャーの入場テーマ曲に使用され日本で人気になった様ですね。
プロレス好きの方はその印象が強いのかな。

Meddle

Pink Floyd / Capitol











2.One More Kiss/Andrea Paganin



初めて知った方です。イタリア出身で81年生まれらしい。
youtubeの再生回数を見ても知名度はまだまだみたいですね。
ライブ映像を見ると私は結構好きな感じ。
ダンサブルでドラッギー。










3.Sunset Sunrise/Grace Jones



ジャマイカ出身のグレイス・ジョーンズ。
70〜80年代にモデル、歌手、女優として活躍した。
また、アンディ・ウォーホールのミューズとしても有名。
(今はレディ・ガガの元ネタとして有名ですかね)
曲は、08年に19年ぶりに(なんと当時60歳!)
発表したアルバム「Hurricane」よりSunset Sunriseです。
アンドロジナスでクールな外見が魅惑的な彼女。
声もまたクールで魅惑的。
低く響くその唄声はとても耳に心地が良いです。

Hurricane

Grace Jones /











4.Cement Mixers/G-Swing



今回初めて知った方々。
リミキサー集団の様で、ダンスフロア仕様のスウィング・エレクトロ・ハウス・
そしてジャズなどを融合させ、まったく新しい音楽として発信するプロジェクトだそうです。
曲事にvo.が違う様ですね。
vo.が違うと様々な音を飽きずに楽しめるので良いな。
ジャケットの様に、30〜40年代を彷彿とさせつつ、モダンでクールな印象。

Swing For Modern Clubbing

G-スウィング / Rambling Records











5.Aeroplanes/Serge Gainsbourg



お次はセルジュ・ゲンスブール。
フランスの作曲家・映画監督・俳優・歌手・・。
私的にジェーン・バーキンの元夫って言った方がピンと来る。
そして女優シャルロット・ゲンスブールのお父さん。
この人の音楽今まで聴いた事なかったけど素敵なんですね。
ジェーン・バーキンが惚れたのも納得かも。

L'Homme a Tete De Chou

Serge Gainsbourg / Mercury Import











6.The Letter/The Box Tops


http://www.youtube.com/watch?v=wD9mCp8SifM

ラストは「The Box Tops」。
ボックス・トップスは65年に結成されたアメリカ出身バンド。
こちらは4週連続全米1位を獲得した名曲にして代表曲「 The Letter(あの娘のレター)」。
Vo.のアレックスさんはめっちゃ渋い声の持ち主ですが、
この曲を出した当時16歳だそうです。
ライブ映像の時は何歳なんでしょうかね?
余談ですが、活動当時メンバー全員10代という事も有り
周囲の大人達からは不当な扱いをされていたと後にメンバーが暴露してます。
それが原因で活動を続けていられなかったんだとか。
きちんとしていたらもっと沢山いい曲を出していたかもしれないですね?

Soul Deep: the Best of..

Box Tops / Camden









以上です。
前回がエレクトロニカばかりなので、今回はちょっと違うテイストのモノを選んでみました。
また気になる・記憶に残っているショーが有ったら取り上げたいと思います。
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2010-09-03 18:17 | Music

音楽雑記 83

毎日毎日暑いですね。
暑さに弱い私にはキツい毎日です。ダルダルのダラッダラですよ。
そんなダルダルのダラッダラな私の最近のお気に入り音楽はLAMBのGabrielです。
その他よく聴く音楽を挙げておきます。




Gabriel/Lamb


http://www.youtube.com/watch?v=vM2cvLKjNZs

Lamb(ラム)はイギリス・マンチェスターで95年に結成された男女のデュオ。
トリップホップを代表するバンドとして挙げられる。
ダークで無機質なエレクトロミュージックに乗る、暖かで人間味に溢れた歌詞・・
相反する2つが重なり合い、Lamb独自の世界を構築している。
Gabrielは3rdアルバム「What Sound」に収録されている曲。
恋の歌なのだとは思うが、多分そんな単純なモノでは無いんだろうな。
ガブリエルの名前には「神は私のよりどころ」等の意味があるそうで
繰り返し「My angel gabriel My angel gabriel My Angel My Angel.....」と唄う様は
崇拝に近いモノを感じます。
私は歌詞というより雰囲気が好きなんですけどね。
壮大で優美、繰り返し聴いていると世の喧噪・煩わしさがそげ落ちて行く様で。
このアルバム自体とても美しくて好きなんですよ。
1曲目のWhat Soundが鳴りだすと、すっと体の力が抜けます。
どうやら私にとってのヒーリングミュージックの様です、このアルバム。

What Sound

Lamb / Polygram UK












A Prayer For England/Massive Attack


http://www.youtube.com/watch?v=y6WaZ0MEt5Q

お次はしつこい位に好きと言いまくってるMassive Attack。
(同じくMassive Attack好きと言ってくれる方がチラホラ居て嬉しいです!)
アルバム100th Windowより「A Prayer For England」。
ゲストヴォーカルのシンニード・オコナーの唄声と、
それを支える静かに唸る様に鳴る低音ベースが好き。
小高い丘に立って風に吹かれながら遠くを見つめてる様な、何かを祈ってる様な
そんな気分にさせられる(と思ったらイギリスへの反戦歌らしい)
3人組のユニットから一人抜け、デュオになったと思ったら、片割れは産休入り
実質3Dが1人で作ったというこのアルバム。
評判がイマイチな様ですが私は結構好きですよ。
他のアルバムより音がちょっと軽いけど、その分ダークでも繰り返し聴けるから。
より無機質なのも涼し気で良い。
他にもWhat Your Soul SingsSpecial Casesが好き。

100th Window

Massive Attack / Virgin Records Us












summertime clothes/Animal Collective


http://www.youtube.com/watch?v=GxhaRgJUMl8

アメリカで2000年に結成されたAnimal Collective(アニマル・コレクティヴ)
こちらは09年に発売された8枚目のアルバム「Merriweather Post Pavilion」よりsummertime clothes。
キラキラとした浮遊感の有る前衛的ポップサウンド。
キラキラ・うねうね・ふわふわ渦を巻くサイケデリックサウンドに気付けば飲み込まれている。
へんてこなのって堪らなくいいよね。
予測不可能な音の重なりに、グッと来るし、次は何が起こるのかとワクワクします。
その曲のメロディを覚えるとすぐ飽きる傾向が私にはあるので
予測不可能、覚えにくい・掴みにくいメロディ(やリズム・音)って惹かれます。
他にもBluish辺りが綺麗で素敵です。
でも一番好きなのはMy Girlsかな。うーんどうだろ。
1枚のアルバムまるごとキラキラしてて好きですね。

Merriweather Post Pavilion

Animal Collective / Domino












Saturday Sun/NICK DRAKE


http://www.youtube.com/watch?v=so8JnFoYh5o

生前まったく評価されないまま28歳でこの世を去ったニック・ドレイク。
こちらは69年に発表された1stアルバムFive Leaves Leftより「Saturday Sun」。
これが評価されなかったなんて信じられないよね。
私は大好きでプレイリストから絶対外さないアーティストの1人。
繊細でシンプルなサウンドと、この人の低く柔らかな声が好き。
アルバムのラストを飾るこのSaturday Sunは
ジャジーに色付けされ、暖かみに溢れている感じがする。
ニックの弾くピアノがそっと寄り添う様でなんだかホッとするんです。
沢山の音を聴いて、どれにも聞き飽きてウンザリした頃ニック・ドレイクを聴くと
すーっと体にしみていく感じがする。
なんだかんだいってシンプルなのが1番って事かね。

ファイヴ・リーヴス・レフト

ニック・ドレイク / USMジャパン










こんな感じです。
トリップホップと言われるものを重点的に聴き漁っているので基本ゆったりダルい曲ばかりです。
今は軽快なのとかガツンと来る様なのは疲れて聴けません。
あんだけ好きだったOasisやArctic Monkeys、Primal Screamがまったく聴く気しない・・。
涼しくなればまた変わるんだろうな。
てことで、早く涼しくなりますように。
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2010-09-03 18:16 | Music