<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Webclap
 

MICHAEL KORS/FW0910-Ad Campaign

c0150636_17474093.jpgc0150636_17475093.jpg



















Photographer:Mario Testino

カルメン・カース(Carmen Kass)1978年生まれエストニア出身
Runway(FW0910):Michael Kors/Versace/Balmain/Elie Saab/Isabel Marant/Paul & Joe
Ad(FW0910):GAP/Michael Kors(fragrance)


MICHAEL KORSはお馴染みの「とあるセレブの日常シリーズ」(※勝手に命名)。
今回は映画のプレミアに登場といった所?(SS09はこちら)
沢山のファンの歓声に応え、手を振ったりサインをする姿は堂に入ってますな。
彼女は今人気のトップ女優という設定と見ました(笑


c0150636_17475982.jpgc0150636_1749050.jpg















モデルとフォトグラファーは説明不要のコンビ。
んー本当にこの二人は長いですね〜。テスティーノはStefanelのジゼルも長ーい付き合いですよね。
まだまだこのシリーズは続くのかなー?
もはや私の中で「MICHAEL KORS=カルメン」の図式が成り立ってますが
そろそろ変わっても良いと思うんですけどね〜。
しかしカルメンはMICHAEL KORSのフレグランスの広告にも登場、
ショーでもオープニングに登場したりと、
まだまだマイケル・コースのミューズの座は不動かな?
あ、悪いという意味では無く、勿論現状維持でも大歓迎ですよ!
来シーズンも期待します♪

それでは。

c0150636_1749884.jpgc0150636_17491623.jpg














credit:MICHAEL KORS
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-28 18:06 | FW0910-Ad Campaign

Alberta Ferretti/FW0910-Ad Campaign

c0150636_1891981.jpgc0150636_1892746.jpg



















Photographer:Steven Meisel

ヴィクトリヤ・サゾンキナ(Viktoriya Sasonkina)1988年生まれウクライナ出身
Runway(FW0910):Alberta Ferretti/Bottega Veneta/Dolce Gabbana/Robert Cavalli/Sportmax/Versace/
Anna Sui/DKNY/Donna Karan/Michael Kors and more...
Ad(FW0910):PRADA l'eau ambree(fragrance)

ニミュエ・スミット(Nimue Smit)1992年生まれオランダ出身
Runway(FW0910):Dolce & Gabbana/Prada/Chanel/Chloe/Lanvin/Louis Vuitton/Miu Miu/Nina Ricci/
Sonia Rykiel/Valentino and more...
Ad(FW0910):See by Chloe

マディシン・リットランド(Madisyn Ritland)1989年生まれUSA出身
Runway(FW0910):Alberta Ferretti/Burberry/Roberto Cavalli/Calvin Klein/Jill Stuart/Chanel/Chloe/Loewe/
Louis Vuitton/Nina Ricci and more...
Ad(FW0910):

ドロテア・バース・ヨルゲンセン(Dorothea Barth Jorgensen)1991年生まれスウェーデン出身
Runway(FW0910):Burberry ProrsumMissoni/Pringle of Scotland/Prada/Jil Sander/Chanel/Karl Lagerfeld/
Lanvin/Louis Vuitton/Miu Miu and more...
Ad(FW0910):


c0150636_1893449.jpgc0150636_1894356.jpg
















紫、カーキ、ブラウン、ターコイズブルー・・まるで秋の実りの様な色とりどりのドレスを展開した秋冬のAlberta Ferretti。
その印象からAdは秋っぽい感じになるのかな、と漠然としたイメージを持っていましたが
見事思いっきり外しました(笑
毎度毎度ながらAlberta Ferrettiは清々しく裏切ってくれます。
秋の実りというより、ちょいとヴィンテージ感と陰りあるビジュアル。
書類が舞う様子は嵐か、はたまた魔法か!?
(やはりAlberta Ferrettiは「散らかり具合」がポイントなんですね(笑)SS09はこちら)
ここは見習い魔女達の隠れ家なんでしょうか〜。
1人ヒステリー起こしてるのが気になります(笑
この乱れっぷりは彼女のせいなのかな?周りが冷静なのがなんともいい味です。
面白いシチュエーションに思わず目を奪われ色々想像したくなるAdですね。

フォトグラファーは勿論、スティーヴン・マイゼル。
そしてモデルはマイゼルの秘蔵っ子ヴィクトリヤ・サゾンキナ、
先シーズン注目モデルの1人イヌエー・スミットに
新人のマディシン・リットランドとドロテア・バース・ヨルゲンセン(読みがあやふや〜)の2人を加えた4人です。
遠目で見るとみんなよく似てるので誰が誰だか分かりませんな・・
Moreから1人1人紹介しておきます。


c0150636_1894991.jpg














credit:Alberta Ferretti

More
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-21 18:23 | FW0910-Ad Campaign

ICEBERG/FW0910-Ad Campaign

c0150636_187175.jpgc0150636_1872420.jpg



















Photograpehr:Mert Alas & Marcus Piggott

アンジェラ・リンドヴァル(Angela Lindvall)1979年生まれUSA出身
Runway(FW0910):Balmain/Chanel/Elie Saab/Hermes/Isabel Marant/Manish Arora/Paul & Joe/Stella McCartney
Ad(FW0910): Jimmy Choo/Trussardi/Georg Jensen


ざっくりニットが印象的な秋冬のICEBERG。(SS09はこちら)
肩にボリュームを置いたデザインで、80'Sを彷彿とさせますね。
力こぶポーズ!?をするモデルのなんとパワフル!
シンプルながらも非常にインパクトのあるAdです。

モデルはトップモデルの1人であり、ママさんモデルでもあるアンジェラ・リンドヴァル。
クールな面差しの彼女がこういう「パワフルウーマン」に決めると本当に強そうですよね!(※褒めてます)
左下なんて、下げずむ様な瞳がど迫力(笑
これには思わず背筋をビシッと正しちゃいますよ!

女王様然とした雰囲気があるアンジェラですが、意外にも環境問題やエコに感心が有るそうです。
そして家が有るLAで過ごす子供達との時間が大切なんですって。
子供を見守る瞳はとーっても優しいアンジェラなのです。
息子達とアンジェラはイメージ検索からどうぞ。


c0150636_1873321.jpgc0150636_1874146.jpg


















credit:ICEBERG
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-21 18:08 | FW0910-Ad Campaign

音楽雑記 68

みなさんこんにちは。
すっかりお久しぶりになってしまいました!
昨年に引き続き、どうも真夏は更新が捗りません。
マイペースで更新していきますのでどうぞよろしくお願いします。

さて、今回は「人の名前」が付いた曲を挙げていこうと思います。
いきなり何を言う!って感じですが
実は、以前行ったアンジェラ・アキさんのコンサートで
彼女がヒット曲には「人の名前」にまつわる曲が多いと言っていて、とても興味深いと思ったのです。
成る程言われてみれば日本の曲だけでも、サザンの「いとしのエリー」、
サブちゃんの「与作」等々・・誰でも知ってるお馴染みの曲が沢山ありますよね。
その他にも「ねえ」「ヘイ!」等と呼びかけから始まる・ある曲もヒット曲が多い・・とも言ってました。
ドリカムのLOVE LOVE LOVE、アヴリルのボーイフレンド等・・)
名前がつく事で親しみやすいし覚えやすい、
そして作り手の個人的感情も含んでいる場合も有り、とても面白いと思います。
という事で、始まり始まり〜。








Hey Jude - The Beatles


http://www.youtube.com/watch?v=BD3ovfZXO5Q

アンジーが例に挙げたのは、世界的大ヒットとなったビートルズの「Hey Jude」。
彼女曰く、名前+呼びかけという最強の組み合わせの曲だそうです(笑

誰でも知っている超有名な「Hey Jude」。
ミドルテンポで一言一言語りかける様に唄う「Hey Jude」は、
68年の発売以来、世界中の人々を励まし続けています。
この曲はポール・マッカートニーが
当時のジョンとその妻、シンシアの破局が決定的になった頃に、
当時5歳であったジュリアンを励ます為に作った、というのが一般的に知られるエピソードです。
しかしこの曲について
ジョンは「俺への歌だ!オノ・ヨーコに夢中だった時期だからか・・?)」と、
ポール自身は「自分自身への歌だ!(婚約者から婚約を一方的に破棄された後だったからか・・?)」とコメントをしています。
一体どれが本当なのでしょうか!?てか、二人とも大人げないですね!(笑
私は、ジュリアンへ向けてが一番グッと来るので、「ジュリアン説」を推します。

THE BEATLES 1

ザ・ビートルズ / EMIミュージック・ジャパン













Layla - Eric Clapton


http://www.youtube.com/watch?v=fX5USg8_1gA

エリック・クラプトン率いるDerek & The Dominosの「Layla(邦題:いとしのレイラ)」。
日本では数年前まで「三菱自動車」のCMに使われ、頻繁に流れていましたので
イントロに聞き覚えが有る人も多いと思います。
曲は知らなくても名前に見覚えがある人(特に女の子)は多いのでは?
そう少女マンガNANAの歌姫の名前ですね。作中にもこの曲が登場していました。

このイントロ超格好良いですよねー。クラプトンのギャウンギャウ鳴るギターが切なげで格好良くて好きです。
この曲はクラプトンが、大親友であったビートルズのジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドに恋をしてしまい、
そこから生まれた曲。パティに対する想いとクラプトンの切ない胸の内が綴られています。
タイトルの「レイラ」とは、ペルシャに古くから伝わる詩「ライラとマジュヌーン」で
主人公に狂おしいまでに惚れられる美女ライラから付けられたと言われています。
ジャケットを見ても「レイラ」はとっても麗しい美女だと分かりますね!
このアルバムはジャケットも、Laylaの他にも好きな曲が沢山有ってお気に入りです。

Layla and Other Assorted Love Songs

Derek and the Dominos / Warner Bros.













Lyla - Oasis


http://www.youtube.com/watch?v=oQZQ5MHehes

ライラと来たら、Oasisの「Lyla(ライラ)」。
「ヘイ、ライラ!星が1つ落ちそうだ それで君は何を言う? ライラ」
「神に祈るよ 俺が倒れた時は 君が手を貸してくれるように」
なーんてロマンチックな歌詞。

これは「ヘイ!(呼びかけ)+名前」というヒット曲のセオリー(byアンジェラ・アキ)通りの作りです。
なるほど、キャッチーで覚えやすくってついつい一緒に唄ってしまう魔力がありますね!
ちなみにライラが誰を指しているのかはさっぱり分かりません。
作詞作曲を手掛けるノエル・ギャラガーは歌詞に深く意味付けをしないんだとか・・。
ノエルの個人的感情というよりは、
人それぞれの「ライラ」を想像する様に作られた曲なのかもしれませんね。
キャッチーで口ずさみやすいのは勿論、歌詞を知ってからますます好きになった1曲です。

ストップ・ザ・クロックス

オアシス / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル













Zak And Sara - Ben Folds


http://www.youtube.com/watch?v=Z8jW2qHnqrI

迫力のピアノ・イントロが印象的なベン・フォールズの「Zak And Sara」。
手拍子したくなるリズムと、ダララ〜ララ〜ララ〜ラ〜♪というサビについついノせられてしまいます。
動画はオーストラリア・シンフォニー・オーケストラとの共演。
壮大な「Zak And Sara」となっています。ピアノver.はこちら

ザックとサラが誰なのかは分かりません。
音楽を作っている架空の男女という設定?それとも自分自身を投影しているのかな?
ちなみにベン・フォールズは曲にもタイトルにもよく人名が登場します。
このアルバムだけでもフレッド、スタン、リサ、マイケル・・など沢山!
中には元彼女宛(リサ)なんて曲があります。
どうやらベン・フォールズは歌詞に個人的感情を込める傾向が有る様ですね。

ロッキン・ザ・サバーブズ

ベン・フォールズ / エピックレコードジャパン













GLORIA - Patti Smith


http://www.youtube.com/watch?v=xxygqSTO1lQ

お次はパンクの女王パティ・スミスの「GLORIA」。
THEM(バンド)の「GLORIA」にパティ自身の詩情を加えパンキッシュにカヴァーし
「and her name is G-L-O-R-I-A!!!
(彼女の名前は「グローリア!」)」と叫ぶフレーズが印象的な曲です。
元々「グロリア」という女の子に対するラブソングであったが
パティは「グロリア」の意味「栄光」と掛け、聖書を皮肉った内容を唄っているそう。
ラブソングがパンクに生まれ変わるとは・・うーんあっぱれ。
最初のなめくさった様な雰囲気から一転、後半は反骨精神溢れる実に格好良い曲です。
これにはついつい一緒に「グローリア!!!」と叫びたくなってしまいます。

ホーセス

パティ・スミス / BMG JAPAN













Henrietta - The Fratellis


http://www.youtube.com/watch?v=f1Bs9_k3kVc

お次はフラテリスの「Henrietta」。
ヘンリエッタ(人妻)という美女に対する心情をコミカルに唄った曲。
「ヘンリエッタ、僕らはただの孤独な3人組」
「僕らは信じられないほど君に夢中なんだ!!」
ってな感じ。
爽快なスピード感と、コメディ映画みたいなすっとぼけた雰囲気に
思わず顔がほころんでしまいます。
PVを見ると、結局ヘンリエッタは「3人」を選んだのかなー?

コステロ・ミュージック

ザ・フラテリス / USMジャパン














Angie - The Rolling Stones


http://www.youtube.com/watch?v=JMkFjYRWM4M

最後はローリング・ストーンズの「Angie(悲しみのアンジー)」
ストーンズには珍しい、耳馴染みの良いスローテンポのバラード。
曲調から切なげな雰囲気が伝わって来ますね!(PVはチャーリー・ワッツ(Dr.)が格好良過ぎる〜〜〜!)
「アンジー」はリリース当時、
デヴィッド・ボウイの最初の妻アンジェラを歌ったのでは?と噂されていたそうですが
後に、詩を書いたミック・ジャガー本人に否定されています。
しかしながら歌詞の余りに個人的感情盛り沢山な内容から、絶対コレはモデルが居る筈だ!!と睨んでるんですが・・
一切公表されておらず、真相はミックのみぞ知る・・。
ファンの間では、ミックの元彼女で自殺未遂をした歌手のマリアンヌ・フェイスフルか?というのが多い説の様です。
んー・・誰が、というよりミックが付き合って来た
たくさーんの「女性達」ひっくるめてのイメージなのかも??
何にせよ「もうそろそろ別れる時が来たんじゃないか?」「でもアンジー まだ僕は君を愛している」
なーんて事はモテ男のミックにしか唄えないよね・・。

フォーティー・リックス

ザ・ローリング・ストーンズ / EMIミュージック・ジャパン











以上、どこかで聴いた事がありそうな7曲に絞ってみました。

この他にも、私のライブラリの中だけでも沢山の曲がありました。
Weezerの「My Name Is Jonas」やTahiti 80の「Mr. Davies」、Franz Ferdinandの「Jacqueline」
The Velvet Underground「Sweet Jane」、MIKAの「Grace Kelly」
The Faces「Cindy Incidentally」Simon & Garfunkel「Cecilia」等々・・・・

ロックは本当に人名が付いた曲が多い!
特に60〜70年代のガレージ、ロックンロール、フォーク系が多い傾向に有る様ですね。
(打ち込み系のエレクトロとかはどうなんでしょ?)
「キャッチー」で一緒に口ずさみやすいのが共通点かな。
「サビで名前を一緒に叫べる」という辺りにヒット曲の秘密が有るのかも???
曲作りをする方は是非是非試してみて下さい(笑

分かりやすく「タイトルが人名」という曲に絞りましたが
曲中に人名が出て来る曲となるともっともーーっと増えますよね。
そんな「人名」が入った印象的な曲、あったら是非是非教えて下さいね〜!
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-21 17:44 | Music

LONGCHAMP/FW0910-Ad Campaign

c0150636_17205864.jpg

















Photogrpaher:Mert Alas & Marcus Piggott

ケイト・モス(Kate Moss)1974年生まれイギリス出身
Runway(FW0910):
Ad(FW0910):Just Cavalli/YSL(fragrance)/vintage by kate moss(fragrance)

ダリア・ウェーボウィ(Daria Werbowy)1983年生まれカナダ出身
Runway(FW0910):
Ad(FW0910): Lancome


「海軍」やソフト・ダンディをテーマに展開された秋冬のLONGCHAMP。
「SERGENT(軍曹)」「COLONEL(大佐)」※2つはビジュアルにはありません
「Gatsby(The Great Gatsbyから??)」とそれぞれ名付けられ、
力強くセクシーで自立した女性にピッタリのバッグとなっています。


c0150636_1721666.jpg秋冬のキャンペーンビジュアルは
今やLONGCHAMPの顔としてお馴染みのケイト・モスと
若手トップモデルのダリア・ウェーボウィを起用し
マスキュリンなスタイルの中にも女性らしさが覗くビジュアルとなっている。
SSのサーシャに引続き、新旧トップモデル対決でしょうか!?
メールモデル達を従え敬礼をする2人はそれぞれとても格好良いですね!

さて、何かと話題が絶えないケイト・モス、
最近は歌手のリリー・アレンとつるんで夜な夜な遊び歩いているそうで・・。
意外とも思えるこの組み合わせは、リリー・アレンが
数年前グラストンベリー・フェスティバルで
女の子から袋叩きに遭っているところをケイトが助けたのがきっかけだとか。
現在バカンス中の彼女達、ケイトの娘ライラ・グレイスちゃんを真中に
仲良く手を繋いで浜辺を歩く姿をキャッチされています。
ケイトは相変わらず落ち着かないんですねぇ(笑




一方ダリアはと言いますと、ちょっと前になりますが6月26日時点で
カール・ラガーフェルドと一緒にCHANELのキャンペーンビジュアルを撮り下ろしたとニュースが出ていました。
多分クルーズラインじゃないかな?
SS05〜SS06以来の起用ですね。楽しみです!

そしてLONGCHAMP自体も次は一体誰が起用されるんでしょ。
また新旧対決?うーん、となると誰だろう?
最近勢いのあるアンニャ・ルービックとかどうでしょうか。そうなったら面白そうですね〜。

それでは。

c0150636_17211596.jpgc0150636_17212360.jpg














credit:LONGCHAMP
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-12 17:35 | FW0910-Ad Campaign

MULBERRY/FW0910-Ad Campaign

c0150636_18113682.jpgc0150636_18114469.jpg



















Photographer:Steven Meisel

イリナ・クルコヴァ(Irina Kulikova)1991年生まれロシア出身
Runway(FW0910):Fendi/Gianfranco Ferre/Jil Sander/Missoni/Prada/Chanel/Christian Dior/Lanvin/
Louis Vuitton/Yves Saint Laurent and many more...
Ad(FW0910):Marc Jacobs

カシア・ストラス(Kasia Struss)1987年生まれポーランド出身
Runway(FW0910):Dolce & Gabbana/Gucci/Jil Sander/Prada/Roberto Cavalli/Christian Dior/Chloe/
Louis Vuitton/Valentino/Yves Saint Laurent and many more...
Ad(FW0910):Chloe/Jean


賛否両論!?なSSから、FWは外に飛び出しロケーション撮影を敢行!
それまで室内撮りばかりだったMULBERRY、今回のロケーション撮影はいかがでしょうか?
(でもやっぱり2人起用して双子みたいな設定は相変わらず 笑)
今までと違った雰囲気で面白いかもしれませんね。
霧が立ちこめる中、軽やかに現れたモデル達は「森に舞う妖精」といったところか。
枯れ葉の茶色にオレンジや紫、マゼンタ等カラフルなMULBERRYのバッグ達が綺麗に映えます。
秋冬の新作は木々になる果実みたいで可愛いです。
Ad自体は右上ver.が可愛いなーと思いました。
イリナKがピュアな雰囲気で本当に妖精みたい!


c0150636_18115255.jpgc0150636_1812159.jpgc0150636_18121014.jpg



















この2人はFW0708Pringle of ScotlandのAd以来の共演かな?(フォトグラファーはこれまたマイゼルでした)
2人とも07年にStyle.comが選ぶ「注目の新人」に選ばれたんですよね。
以降大ブレイク、それぞれAdに多数起用されており、取り上げて来ただけでも
イリナ:SS08 Jill Stuart、SS09 SPORT MAX
カシア:SS08 JIL SANDER、SS08 Christian Dior 等があります。

そして欠かせないのがランウェイでの活躍!
2人とも有名メゾンがずらーっと名を連ねています。
特にカシアは常にランウェイ登場数50を越えており(最多で72も!)ショーには無くてならない存在です。
ウォーキングがとっても綺麗なんですよね!
首〜腕のラインが美しく、様々なルックを綺麗に着こなしていると思います。
彼女のプロフェッショナルぶりはこちら(※Youtube)を観て頂けたらよく分かるかと。

トップ・オブ・トップのモデルというにはまだまだですが、
中堅所として堅実な活躍を見せる彼女達
これからますます美しく花開いていって欲しいです。

それではまた来週。


c0150636_18122075.jpg


















credit:MULBERRY
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-07 18:17 | FW0910-Ad Campaign

ETRO/FW0910-Ad Campaign

c0150636_17525053.jpgc0150636_17542535.jpgc0150636_17543343.jpg



















Photograher:Michaelangelo Di Battista

アンニャ・ルービック(Anja Rubik)1985年生まれポーランド出身
Runway(FW0910):Balmain/Chanel/Christian Dior/Hermes/Isabel Marant/Jean Paul Gaultier/
John Galliano/Karl Lagerfeld/Etro/Gucci//Max Mara/Fendi  and more...
Ad(FW0910):GUCCI(NEW JACKIE)/GUCCI/Guiseppe Zanotti Design


秋冬のETROはトップ・アイコンモデルへ向け爆進中のアンニャ・ルービックを起用。
カラフルで凝った背景にする傾向にあるETROですが、今回は珍しくシンプルな背景ですね。(SS09はこちら)
しかし侮るなかれ、アンニャがポーズを決めればそれだけで絵になるのだ!
伝統的なペイズリー柄の赤いドレス、エスニック・トライバルなアクセサリーを身につけ
睨みを利かす彼女はまるでインディオの様。
清々しいまでの凛々しさに感嘆の溜め息が出ます。
シンプルながらもエッジが効いたとても目を惹くAdではないかと。


c0150636_17543931.jpgc0150636_1754473.jpgc0150636_1754574.jpg



















フォトグラファーは引続きミケランジェロ・ディ・バティスタ。
ミラノ出身の彼は芸術家の両親の元に生まれ、幼い頃から自然に芸術に触れる生活を送っていました。
自身も芸術系の道へ進みますが、意外にも学生時代に「写真」の勉強はした事がなかったそう。
両親から独立する為に様々な仕事を受け入れていたある日、
知人から「物撮りをしないか」と声をかけられたのがフォトグラファーとしてのスタートだそうです。
さらに数年後、バディスタの写真を気に入ったファッションディレクターに
「一緒に仕事をしないか?」と誘われたのが
ファッションフォトグラファーとしてのスタートだとか。
以降、ほとんど毎月雑誌の仕事が入り、
今日の「ファッションフォトグラファーのミケランジェロ・ディ・バティスタ」に至っているそう。
今の自分があるのは声を掛けてくれた彼のお陰だと語っています。
母親が画家で、父親が建築家らしいですが、バティスタはフォトグラファーになるべくして成った様な気がしますね。

しっかし、エトロって密かに良いモデルを使ってますよね。
過去にはヒラリー・ローダ(SS08)やエディータ(FW0809)などがありました。
チェックが怠れないメゾンだとは思ってましたが、まさか今回アンニャが来るとは思わなかった!
驚いたキャスティングです。
良い仕事っぷり。ありがとうETRO!これからもよろしく(笑



アンニャ痩せた・・?
c0150636_175552.jpg


















credit:ETRO
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-07 18:11 | FW0910-Ad Campaign

音楽雑記 67

みなさんこんにちは。
突然ですが、22-20sというバンド知ってる方おりませんか?
04年にデビューし、たった1枚のアルバム(+EP1枚)を残したのみで
解散してしまったバンドなのですが・・。
当時、04年の大本命!みたいにプッシュされておりました。
(同期にはキーンやフランツフェルディナンド等がいます)


22-20s (CCCD)

22-20s / EMIミュージック・ジャパン



このアルバム、ヘビロテしていたのに気付いたらいつの間にか解散してて凄いショックだったんですよー。
今また思い出した様にアルバムをひっぱり出して来て聴いていて、
やっぱり良い!大好き!解散したなんて勿体ない!と思ってるのです。
再結成の噂が一時出てそれからどうなったんだろう?
メンバーは今一体何をしてるんでしょうか?その後音楽活動は続けているのかな?
分かる方是非是非教えて下さい!



22-20s - devil in me


http://www.youtube.com/watch?v=A-aTZ1Je0DY




ブルースを基調としたガレージ・ロック。
Vo.の渋い唄声とソリッドなギターが大好きだ!格好良い!
戻って来ておくれーー!

↓のI'm the oneがお気に入りでした。あとSuch A Fool 22 Daysも。
その他も格好良い曲だらけのアルバムなのよ。


22-20s - I'm the one


http://www.youtube.com/watch?v=UCm8Zi1V5BQ



メンバーは是非音楽続けていて欲しいな・・。




そして長くなったので2つに分けました!下には試聴一覧まとめています。
音楽は色々聴きたい&情報は一気に知りたいという欲張りな性分故に盛り沢山にしてしまうのです。
だってその方が嬉しいよね・・?(あれ・・?
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-07 17:50 | Music

音楽雑記 66

試聴です。




狂おしき薫り

デッド・ウェザー / SMJ

The White Stripesのジャック・ホワイトとThe Killsのviviによる新プロジェクト、デッド・ウェーザー。
更に脇を固めるのがQUEENS OF THE STONE AGEのディーン・フェティータと
The Raconteursの“リトル”ジャックというんだから注目しないわけにはいかない。
仕舞いにはジャックはギターではなくドラムと言うんだから驚き!
全編歪んだギターが効いたハードロックぽいヘビーさが有るでしょうか。
ストライプスはメグの単調なドラムが、キルズはベースレスなのが「隙」で「抜け感」で「味」であると思ってますが
デッドウェザーはその「隙」が無い気がしました。
隙の無さ故、飽きるのが早そう・・。
なんて偉そうに言ってますが格好良いと思ってますからね!(笑
ストライプスとキルズを合わせるとこうなるのかーと興味深かったです。
買おうと思いつつも、「狂おしき薫り」という邦題で躊躇してしまう。ちょっとダサくない?(笑
輸入盤にしようかな・・やすいしね。


The Dead Weather "Treat Me Like Your Mother"


http://www.youtube.com/watch?v=M7QSkI6My1g












驀進!ツイステッド・ウィール!!(期間生産限定盤)

ツイステッド・ウィール / SMJ

ツイステッド・ウィールはマンチェスター出身の3ピースバンド。
彼らはオアシスのリアム・ギャラガーお気に入りとして注目のバンドです。

マイスペースの「影響を受けた音楽」見ると
キンクスやらピストルズ、ビートルズ、バーズ、ディランにスミス、ドアーズやフー、
ルーリードにストーンズ、ジャム、ローゼズand moe・・なんかの名前が並ぶ。
それらから想像するに容易い、まさに王道ブリティッシュロック、ストレートど真ん中の音。
キャッチーで、彼らと音楽の趣味が似てる事もありめちゃくちゃ聴きやすかったです。
シンプル&ストレートで「熱い」!うーん良いね。
ちなみにリアム・ギャラガーは
「ツイステッド・ウィールはクールなバンドだ。ザ・ジャムとか、ダムドみてぇだぜ」とコメントを寄せている。
うんうん、ぽいね、そのまんまなコメントだねリアム(笑
ツイステッド・ウィールにはリアムを踏み台にする勢いで(笑)頑張って欲しいです。

My Space

Twisted Wheel - She's A Weapon


http://www.youtube.com/watch?v=fDnSFug5WC4












ビッテ・オルカ

ダーティー・プロジェクターズ / ホステス

NY、ブルックリン出身6人組バンド、ダーティー・プロジェクターズの5枚目のアルバム。
田舎っぽい大らかな泥臭さと、都会の洗練さ神経質が共存する摩訶不思議なサウンド・・。
アヴァンギャルドとポップの融合と言えばいいのだろうか。
「なんじゃこりゃ!変!」というのが第一印象だったが、
聴くにつれてだんだん癖になっていくのだから不思議。
じっくり聴いてみたい・・・でも戻って来れなそう・・(笑
最近の音楽トレンドの発信地であるブルックリン出身てことで、要注目バンド。

My Space

Dirty Projectors - Stillness Is The Move


http://www.youtube.com/watch?v=YMPF6lpM0XM












Union ユニオン

ザ・ボクサー・リベリオン / アール・アンド・シー

ロンドン出身のオルタナティブ・ロックバンド、ボクサー・リベリオン。
05年にリリースしたファースト・アルバムが高い評価を得たがその後不幸にも所属レーベルが閉鎖。
約束されていた巨大なプロモーションが白紙になってしまった過去を持つ。
以降バンドはレーベル契約をせず地道に活動を続け、
こちらの2ndアルバム「Union」も自主制作で完成させたそう。
そんな苦行を乗り越え完成させた「Union」は見事米iTunesオルタナティヴ・チャート 1位、
英iTunesオルタナティヴ・チャート2位を獲得している。

「CD」が出たって事はめでたくレーベル契約したんでしょうかね?
諦める事無く復活したのはお見事です。正にサクセスストーリー!
やはり才能有る人達は在るべき場所へ行くんだね。
サイケデリックサウンドに乗る耽美なファルセット・ヴォーカル・・
まるでゴスペルみたいな荘厳な雰囲気漂うアルバムです。
初っぱなのFlashing Red Light Means Goから綺麗。

My Space

Evacuate - The Boxer Rebellion


http://www.youtube.com/watch?v=c9yzbmx-Zu8



そして8/19にはJETとアークティック・モンキーズの新譜が出るからみんな忘れないでね!
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-07 17:40 | Music

KENZO/FW0910-Ad Campaign

c0150636_18104165.jpgc0150636_18105088.jpg



















Photographer:Mario Sorrenti

グィネヴィア・ヴァン・シーナス(Guinevere van Seenus)1977年生まれUSA出身
Runway(FW0910):
Ad(FW0910):

マグダレナ・フラッコウィアック(Magdalena Frackowiak)1984年生まれポーランド出身
Runway(FW0910): Blumarine/D&G/Fendi/Versace/Christian Dior/Givenchy/Hermès/Lanvin/
Louis Vuitton/Valentino and more...
Ad(FW0910):Gianfranco Ferre(fragrance)


秋冬のKENZOは春夏の流れを汲んだ幻想的な雰囲気。
様々な色柄のドレスにぬくぬくと包まるモデル達は、仲の良い姉弟の様で微笑ましい。
SSが神話ならFWは童話といったところ。
「昔々、美しい姉弟達が仲睦まじく暮らしていました・・・」なんてお話が始まりそう。
寒い冬に心までほんわり暖まりそうなビジュアルです。


c0150636_18105951.jpgc0150636_18121464.jpgc0150636_18122257.jpg



















フォトグラファーは引続きマリオ・ソレンティ。
Ballyの様な堅いトラディショナルなイメージも、このKENZOの様に幻想的なイメージもお手の物。
彼のオールマイティーな作風のインスピレーションの源は
映画や文化・本、自分の子供達を始めとする身の回りの出来事から得てるそう。
アイディアは車の運転中に浮かぶ事も有るし、
いつでもどこでも「こんな風に撮ってみよう」と沸くそうです。(羨ましい!)
こういう幻想的な雰囲気も、彼の目を通して観た本や映画の世界なのかもしれないですね。

さてモデルも引続きグウィネヴィア・シーナスとマグダレナ・フラッコウィアックです。
のみならずメールモデル君も続投。
モデルもフォトグラファーも同じ、というのは意外に珍しいのでは??
ソロなら数年続く場合も有りますが(ケイト・モス、ジゼル・ブンチェン他)
複数だと何かありましたっけ?有るんだろうけどぱっと思いつかない・・。
1年通して同じ顔ぶれ・同じ雰囲気って、ブランドイメージが一貫されて良いですね。
この次からはどうなるのか楽しみです。

それでは。


リアルマトリョーシカ人形!↓マグダレナ可愛いすぎ!!

c0150636_18123111.jpg


















credit:KENZO
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-08-05 18:18 | FW0910-Ad Campaign