「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Webclap
 

Giorgio Armani/SS09-Ad Campaign

c0150636_1856215.jpgc0150636_18562872.jpgc0150636_18563740.jpg



















Photographer: Mert Atlas & Marcus Piggott

サーシャ・ピヴォヴァロヴァ(Sasha Pivovarova)1985年生まれロシア出身
Runway(FW0910):Bottega Veneta /Prada/Roberto Cavalli/Versace/Chloe/Christian Dior/John Galliano/
Louis Vuitton/Miu Miu/Valentino and more...
Ad(SS09):LONGCHAMP/John Galliano/Giorgio Armani(make up)/Chanel(Eyewear)/Biotherm/Gap


先シーズンから幽玄的なビジュアルを展開するGiorgio Armani。(FW0809はこちら)
揺らぎ消えかかりそうな雰囲気の中にも、強く射抜く様な瞳がとても印象に残りますね。
モードの帝王Giorgio Armaniの信念と自信を感じる、強く美しいAdです。


c0150636_18564431.jpgc0150636_18565220.jpgc0150636_1857141.jpg




















フォトグラファーはGiorgio Armaniと長くタッグを組むMert Atlas & Marcus Piggottのデュオ。
実は最初このAdを見た時フォトグラファーがパオロ・ロベルシかと思ったのでした。
幻想的雰囲気はロベルシの得意とする所なので・・。
マート&マーカスは輪郭がハッキリした写真を撮る印象があったので
デュオの手によるものだと知り、意外と思いましたよ。
意外性と言うか、表現の引出しの多さが彼らの人気の理由の1つなんでしょうね。
そういう所が1人じゃなく2人でやる魅力なんだろうなぁ。
うーんなるほど。


c0150636_1857867.jpgc0150636_18571647.jpgc0150636_1857226.jpg




















モデルは人気モデルでありトップモデルの1人であるサーシャ・ピヴォヴァロヴァ。
彼女はモデルになろうと考えた事はなかったが、大学生時代、
当時友人で現在夫であるイーゴル・ヴィシニャコフが
サーシャの写真をモデル・エージェンシーに送ったところ、契約となったそうです。
05年にPRADAのショーでランウェイ・デビュー。
同年ナサニエル・ゴールドバーグやスティーヴン・マイゼルとの仕事を機に注目される事となります。
翌年にはPRADAとキャンペーン契約を交わしPRADAの顔へ。
以降3年(6シーズン)連続PRADAのキャンペーン(例:SS08)を務める事となり、
誰もが認める「PRADAガール」の称号(笑)を得たのでした。



c0150636_18573125.jpgc0150636_1857386.jpgc0150636_18574812.jpg



















PRADAのキャンペーンを降りてから他のメゾンが殺到するかと思いきや、意外にそうでも無い?
今シーズンはLONGCHAMPJohn Galliano、そしてこのGiorgio Armani・・いや、充分か(笑
Giorgio ArmaniはPRADAガールのイメージが定着して来た07年から既に
コスメの方でサーシャを使ってるので、相当サーシャがお気に入りの様ですね。
遂にはこちらでウェアの方にも起用してしまった程だし。
これからはPRADAガールならぬ、アルマーニ・ウーマンの印象が強くなるかも(笑
いずれにせよPRADAにしろArmaniにしろ、長く契約したがるのが凄い。

そうそう凄いと言えばArmaniでMake upに起用されてるのに、
Biothermがスキンケアの方で起用したのも凄いです。
下手すれば混同されそうなのに・・。本当に彼女の「顔」を使いたいんだねぇ。
それだけ彼女に魅力があり、アピール力あるという事に他ならないですね。
まだまだ沢山の人々を魅了していって欲しいです。

それでは。

c0150636_18575416.jpgc0150636_1858296.jpgc0150636_18581142.jpg


















credit:Giorgio Armani
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-28 19:09 | SS09-Ad Campaign

Sisley/SS09-Ad Campaign(2)

c0150636_18415054.jpgc0150636_18415743.jpg


















Photogpraher:Camilla Akrans

アサ・エングストローム(Asa Engstrom)1990年生まれスウェーデン出身
Runway(FW0910):Chapurin/Leonard/John Rocha/Nicole Farhi/Roksanda Ilincic/Betsey Johnson
DKNY/Frank Tell/Marchesa/Thuy and more...
Ad(SS09):

ヘレナ・シュレーダー(Helena Schroder)※生年月日および出身不明
Runway(FW0910):
Ad(SS09):

(Hanna Hojman)※同上
Runway(FW0910):
Ad(SS09):


c0150636_1842591.jpgc0150636_18421132.jpg


















Sisleyがまたもや沢山のビジュアルパターンを出してくれました(以前のものはこちらです)
やはり今季のSisleyはとびきり美しい。
まさに砂漠に降り立った天使達ですよ。
一番上の画像2つシフォン生地がはためいているのがとっても綺麗で、
暫し時を忘れ見蕩れてしまいました。
風と静けさ、そして透明感・・これらが感じられるビジュアルは大好きです。



c0150636_18422119.jpgc0150636_18422921.jpg

















フォトグラファーはもちろんスウェーデンを代表する女流フォトグラファーCamilla Akrans。
彼女は35歳の若きフォトグラファーであります。
元々はスウェーデンのファッション雑誌Ellesとフリーランス契約し仕事をしていたそうですが
05年には活動の場を国外へ求め
Tom Munro、Willy Vanderperre、Michelangelo di Battistaらが所属する大手マネージメントへ所属。
モード誌Numeroを手掛け、一躍その名が知られる事となります。
これまでに手掛けたAdはMissoni、Hermes、Paul & Joe、H&M、Loewe....
その独特の質感と大胆かつセクシーな作風で
トップフォトグラファーへのキャリアを着実に積んでいます。



c0150636_18492617.jpgc0150636_184934100.jpg

















以前よく一緒に仕事をしているモデルの1人にアンニャ・ルービックを挙げましたが、
やはりアンニャはカミラさんにとってインスピレーションの女神の様な存在なんだそうです。
非常に好みだと語っていました。
(ちなみに無理矢理スウェーデン語のサイトを翻訳して参考にしてるので
間違ってるかもしれません。あしからず・・。)
先月号のVogue Nipponに彼女のエディトリアルが載っていましたね。
デヴォン・青木がモデルでとても美しかったです。
カミラさんにはもっと活躍して頂きたい。そして早く作品集出して欲しい(笑
彼女の美しい写真は是非手元に置いて眺めていたいですよーお願いカミラさん。
いつか出版してくれるのを期待してこれからも見守り続けていきます。



c0150636_18494474.jpg















cradit:Sisley
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-28 18:52 | SS09-Ad Campaign

Aquascutum/SS09-Ad Campaign

c0150636_18381896.jpgc0150636_18323562.jpg



















Photographer:Tim Walker

mode:unknown 


Aquascutumががらっとイメージを変えて来ましたのでご紹介。
今までジゼル・ブンチェンを起用しビシーッとしたビジュアルでしたが
今季はなんとまぁ沢山のモデル達のキス!(FW0809はこちら)
カラフルで可愛いしなんかハッピーな気持ちになれちゃいますね。
今までよりちょっと若い人をターゲットとしてるのかな?
こんなに大胆にイメージチェンジするとは・・Aquascutumもやりますね(笑

フォトグラファーはティム・ウォーカー。
英国出身の1970年生まれ。
このAdはクラシックですが、ちょいシュールなファンタジック・ワールドを展開する事で有名。
お伽噺の様な世界観で彼の右に出るものは居ないでしょう。
それはまさに不思議の国のアリスみたいな世界!
私ティム・ウォーカーの作品集(Tim Walker Pictures)持ってますが、凄く面白いですよー。
夢(眠る方)の世界を見ている様なんです。
夢ってちょっと変で辻褄が合わない所があるじゃないですか、
でもそれを変とも思わず当たり前に見ている・・そんな感じ。
興味ある方は彼の作品集を覗いてみて下さいね。
ティム・ウォーカー・ワールドに取り込まれる事間違い無しです♪

c0150636_18324461.jpg


















credit:Aquascutum
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-28 18:39 | SS09-Ad Campaign

音楽雑記 53

みなさんこんにちは。
私、今週末は安室奈美恵さんのコンサートに行って来ます!しかも2days(笑
そしてその翌週にはアンジェラ・アキさんを
更に翌週にはロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団×辻井伸行(ピアニスト)のコンサートに行きます。
見事に音楽漬けの週末(笑
好き勝手に聞けるCD、iPodも良いですが、
やはり目の前で見れて、生の音を体感出来るライブ・コンサートは良いですよねぇ。
始まる前のワクワクドキドキした感じや、始まった瞬間の高揚感とか堪りません。
五感全てで「音」を感じられる(味は無いか・・笑)様で好きです。
それが良くてせっせとライヴに足を運んでるんですよ。
ナショナル・フィルが終わっちゃったら予定がないからまた探さないとー。
次はやはりROCKですかね。


ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 第1楽章


↑この曲を聴いて来ます。
ラフマニノフのピアノ協奏曲大好き。









ありあまる富

椎名林檎 / EMIミュージックジャパン


そして先日椎名林檎さんのnewシングル「ありあまる富」を買って来ました。
椎名林檎名義のシングルは実に5年半ぶり。
良い歌詞だなーっていうのが真っ先に浮かんだ感想。
無理矢理まとめるなら、「富=自分自身。自分自身に価値の有る人生を送れ」とか
「そのあなたの富とはなんぞや?」みたいな感じ・・でしょうか。
うーん上手く言い表わす事が出来ない曲だな(悩
・・書けば書く程自爆するから黙ります(笑
いろんな捉え方と色んな解釈のパターンがある曲ですね。
そしてギターが華やかで格好良かった。
元BARBEE BOYSのいまみち ともたかさんにお願いした模様。
しっとりと切ない雰囲気にぎゃうんぎゃうん鳴るギターがこれまた雰囲気出てて良いです。

いやーあんなに切羽詰まった自分だけの世界の歌を唄っていた林檎さんが
誰かに語る様なこんな曲を唄うなんて・・としみじみしましたよ(笑
その変化を嫌だとも思わず当たり前に受け止める私も、同時に年齢を重ねたんだなぁーとしみじみ(笑
過ぎた年月を実感する曲ですねぇ。
明日はMステに林檎さん出るから見てみてね!
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-28 18:29 | Music

Alberta Ferretti/SS09-Ad Campaign

c0150636_1751399.jpgc0150636_17511040.jpg



















Photographer:Steven Meisel

キンガ・ラジャック(Kinga Rajzak)1987年生まれスロヴァキア出身
Runway(FW0910):Burberry Prorsum/Dolce & Gabbana/Prada/Roberto Cavalli/Alexander McQueen/Balenciaga/
Chloe/GivenchyLoewe/Valentino and many more...
Ad(SS09):PHI/Balenciaga

ヴィクトリヤ・サゾンキナ(Viktoriya Sasonkina)1988年生まれウクライナ出身
Runway(FW0910):Alberta Ferretti/Bottega Veneta/Dolce Gabbana/Robert Cavalli/Sportmax/Versace/Anna Sui/
DKNY/Donna Karan/Michael Kors and more...
Ad(SS09):PHI/PRADA/CK jeanse/GF by Gianfranco Ferre

ミーナ・ツヴェトコヴィッチ(Mina Cvetkovic)1989年生まれセルビア出身
Runway(FW0910):/BrioniD&G/Jil Sander/Moschino/Prada/Anna Sui/Akris/Costume National/Miu Miu/
Yves Saint Laurent and more...
Ad(SS09):


いつも美しい姉妹みたいなビジュアルのAlberta Ferretti。(FW0809はこちら)
今季もまた美しいですねー。
しかしよく見ると飲んだくれてる姉妹?(笑
豪快に手酌してるヴィクトリヤがいい味出してますな。(左下画像)
そして最近のAlberta Ferrettiは「散らかり具合」がポイントなのでしょうか(笑
でもその1つ1つが計算されている様で(絶対されてる筈!)綺麗。
こういう雰囲気はスティーヴン・マイゼルお得意の世界観ですね。
マイゼルが表現するちょいクラシックで翳りが有る雰囲気、美しくて好きです。
そしてやっぱりこの人のバランス感覚が絶妙で好きだなーとしみじみ実感。

モデルはキンガ・ラジャックとヴィクトリヤ・サゾンキナ、ミーナ・ツヴェトコヴィッチの3人を起用。
ヴィクトリヤとキンガはマイゼルの最近のお気に入りでよく一緒になりますね。
PHIではとても美しい対比を見せてくれました。
ミーナは06'FWコレクションのマーク・ジェイコブスのショーでランウェイ・デビュー。
07年には秋冬のマーク・ジェイコブスのAdに起用されるなど、マークお気に入りのモデルなのかな?
このAdでマイゼルと一緒に仕事をし、これからますます売れてくるかもしれませんね。

それにしても・・ホント3姉妹の様に似てませんか?
メイクも同じ様だから誰が誰か一瞬迷う。
左上画像左からミーナ、キンガ、ヴィクトリヤ!・・だよね?(笑

それでは

c0150636_1751188.jpgc0150636_17512648.jpg














craedit:Alberta Ferretti
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-26 17:58 | SS09-Ad Campaign

Jean Paul Gaultier Jeans/SS09-Ad Campaign

c0150636_1748246.jpgPhotographer:???

アラナ・ジマー(Alana Zimmer)1987年生まれカナダ出身
Runway(FW0910):Aquascutum/Dolce&Gabbana/Gianfranco Ferre/Jil Sander/Moschino/Alexander McQueen/Hermes/Jean Paul Gaultier/Kenzo/Louis Vuitton and many more...
Ad(SS09):Weekend MaxMara/Topshop/DKNY jeans/Anne Klein Eyewear


男性のうっとりとした表情や女性の扇情的な口元が印象的なビジュアルですね。
なんとなくフランク・カドガン・クーパーの「ティタニア」や
クリムトの「水蛇 II」なんかを連想しました。
揺らぐ髪やカーヴィーなボディ、顔つきなんかが特に水蛇 IIとかぶるかな。
ジーンズラインでカジュアルを打ち出さず、
こんなに美しいビジュアルをもってくるとは・・うーむ凄いぜゴルチェ。
ちなみに思いっきり私の好みです(笑
1パターンしか無いのが残念だけど、来シーズンも期待します!



モデルはアラナ・ジマー。
06年にデビューした彼女もいまやすっかり中堅所ポジションですね。
FW0910コレクションでは50ものメゾンに登場。
ロンドン〜パリまで4都市制覇、ビックメゾンから新進気鋭のメゾンまで幅広く出ていました。
ほっそりとした顎と肢体、そしてアンニュイな目元が特徴の彼女。
独特の翳りと色気あるその雰囲気は、上の例に挙げたクーパーとかクリムトが属する
ラファエル前派や象徴主義の画家達が好んで描いたファム・ファタールを連想してしまう。
だからこういうファンタジックで扇情的な雰囲気の世界観がとっても合うと思うんですよねー。いかがでしょう?
ランウェイも良いですがエディトリアルで魅力を発揮するモデルの1人だと思います。
ちなみにアラナは編み物とヨガが好きなんですって。
かわゆいね〜!ナチュラル&ヘルシーだね。
彼女自身の内面は多分ファム・ファタール的ではないですねきっと、うん。(笑

しっかしモデルさん達これ、見れば見る程キツそうなポージングですね・・。
うーんプロ根性。

cradit:Jean Paul Gaultier
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-26 17:50 | SS09-Ad Campaign

Burberry/SS09-Ad Campaign

c0150636_1832116.jpgc0150636_1833221.jpg



















Photographer: Mario Testino

リリー・ドナルドソン(Lily Donaldson) 1987年生まれイギリス出身
Runway(FW0910):Burberry Prorsum/Dolce & Gabbana/Gucci/Versace/Chanel/Christian Dior/Givenchy/
Hermès/Lanvin/Louis Vuitton/Valentino and more...
Ad(SS09):GUCCI/GUCCI(Cruise09-Catalog)/cosme decorte(kose)

エディン・クラーク(Eden Clark)1989年生まれイギリス出身
Runway(FW0910):Burberry Prorsum(Pre-Fall 2009)
Ad(SS09):

エミリー・ホープ(Emily Hope)1985年生まれイギリス出身
Runway(FW0910):
Ad(SS09):

アレクシナ・グラハム(Alexina Graham)イギリス出身
Runway(FW0910):
Ad(SS09):


c0150636_1834030.jpgc0150636_1834883.jpg

















春夏のBurberryは爽やかな光とリラックスした空気を感じるビジュアル。
オーガニックでナチュラルな印象のウェアと植物が、よくマッチしていて美しいAdです。

Burberryはまたもモデルを複数起用するパターンに戻ったんですね。(FW0809はこちら)
先シーズンは物語調の雰囲気だったのでその流れを汲むのかな、と思いましたが更に前に戻るとは。
私の中では「Burberry=複数起用」の印象が強いのでこのパターンの方が落ち付きます。
先シーズンなんて見落とした位だし・。
今回は大丈夫、きちんとBurberryだと認識出来ましたよ(笑

モデルはイギリスのポップカルチャーを担う若手モデル、俳優、ミュージシャン達。
Burberryは「イギリス出身」の人材を起用する事が殆どで、そこに相当のこだわりが伺えます。
自国のモデル達(他)を誇りにし期待しているんでしょうね、そういう姿勢は素晴らしいです。



c0150636_1835959.jpgc0150636_184713.jpg

















ざっと、モデルを紹介しますと、
まずはイギリスを代表するモデルの1人であり、トップモデルの1人でもあるリリー・ドナルドソン。
07年Burberryのショーでランウェイデビューし、08年にはBlack LabelのAdに起用された
Burberryのお気に入りモデルの1人でもあるエディン・クラーク。
モデルという枠を飛び越え、現在フォトグラファーとして活躍中の若干24歳のエミリー・ホープ。
もう1人、アレクシナ・グラハムというモデルさんが残念ながらまったく知りませんが・・
こちらの計4人です。

複数とはいえ、リリーがメインですね。
私はリリー大好きで超贔屓なので嬉しいですけども(笑
美貌と実力、抜群の知名度を兼ね備えた素晴らしいモデルなので
彼女がメインになってしまうのは仕方が無い事なのでしょう(超賛美 笑
素晴らしいと言えば、イギリスは素晴らしいモデルを沢山輩出していますよね。
ステラ、ケイト、カレン、リリー・C、アギネス・・・。
若手も新鮮で良いですが、彼女達もまたBurberryのAdを彩って欲しいものです。

それではまた来週。


c0150636_1841510.jpgc0150636_1842269.jpg














credit:Burberry
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-22 18:16 | SS09-Ad Campaign

Jones New York/SS09-Ad Campaign

c0150636_18133445.jpgc0150636_18134330.jpg



















Photogpraher:Camilla Akrans

グィネヴィア・ヴァン・シーナス(Guinevere van Seenus)1977年生まれUSA出身
Runway(FW0910):
Ad(SS09):Alessandro Dell'Acqua/KENZO/CK one(Fragrance)/nars


Jones New Yorkというブランドは全く知らなかったので公式サイトを見たところ、
クラシックさをベースとしたシンプルでエレガントなウェアが多いという印象でした。
ミセスをターゲットとしたブランドなのかな・・。

そのAdが余りに色鮮やかで綺麗だったのでご紹介。
満開に咲き誇る花々が美しいです!蜷川実花ばりの色鮮やかさですね。
フォトグラファーを調べた所、Camilla Akransでした。
彼女は花を沢山使用する事がとても多いので、納得。(例:SS009のbebe
私、花を沢山使ったビジュアルは好きです。
ただ単純に花が好きだからというのも有ると思いますが
美しい女性には美しい花が相応しいと思うからです(ジュエリーも同じく 笑
春夏はそれらしくもっと花を使ったAdがあっても良いと思うんですよねーどうですかトップメゾン方・・。
たまーに見掛ける花を使用したAdにはハッとさせられますよ。

一面の花々をバックにポーズを決めるのは、ベテランモデルのグィネヴィア・ヴァン・シーナス。
最近このグィネヴィアがとても好きなのです。
彼女の陶器の様な肌と、細過ぎず程良く丸みを帯びたボディが描くラインはとても綺麗!
まるでセーブルやマイセンの陶磁器人形みたいですよ。

彼女はフォトグラファーのスティーヴン・マイゼルのお気に入りモデルの1人であるようですが
どうやらもう1人、大御所パオロ・ロベルシも彼女の事がお気に入りの様です。
vogue italyで一緒にお仕事をしてるのを度々見掛けます。
しまいには「Guinevere van Seenus」というタイトルの作品集まで出してしまった程。
(ちなみにだいぶ前に注文しましたが届いておりません。出版日が延び延びの様です 笑)
彼女の香り立つ様な色気とミステリアスな瞳が、私を魅了する様に
トップ・フォトグラファー達をも魅了し、創作心をくすぐるのかもしれませんね。

それでは。

c0150636_18135065.jpgc0150636_18135964.jpgc0150636_1814724.jpg


















cradit:Jones New York
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-21 18:24 | SS09-Ad Campaign

音楽雑記 52

みなさんこんにちは!
皆様、新型インフルエンザは大丈夫ですか?
うつる時はどうやってもうつるもんですが、出来れば感染はしたくないですよね。
せめて手洗いうがい、健康管理はしっかりしましょうね。




さてサイケデリックなロックを紹介する、第3回目は
「サイケデリック・ロック」が産まれた60年代のサイケデリック・ロックを一挙に紹介したいと思います。



The Doors - Light My Fire


まずは、アメリカで1965年から1970年代まで活躍した、ジム・モリソン率いるThe Doors。
The Doorsはベース・レスの形態を取り、オルガン(キーボード)の不思議な音色が印象的なバンド。
彼等の最大のヒットにして超有名曲「Light My Fire」(邦題はハートに火をつけて)。
そのタイトル通りなかなか情熱的でセクシーな歌詞ですが、歌詞はまぁさておき曲です。
キラキラふわふわ〜という不思議な雰囲気が漂うこの曲は
メルヘンチックでありながらどこかグロテスクな「寂れた遊園地のメリーゴーランド」なんてのを想像してしまいます。
メルヘンチックな雰囲気を形作るのに重要なオルガン・・・このオルガンの音が好きだ。
ジム・モリソンのヴォーカルも素晴らしいがそれ以上にオルガンが大好きである(力説
1分7秒以降のオルガン・ソロ部分がお気に入り。
かなーり好きな1曲で一時期こればかり聴いてました!

ハートに火をつけて

ドアーズ / ワーナーミュージック・ジャパン














Pink Floyd - Interstellar Overdrive


お次はプログレッシブ・ロックで有名なPink Floydの
初期のアルバム「The Piper At The Gates Of Dawn(邦題:夜明けの口笛吹き)」から。
こちらは9分以上にも及ぶインストナンバー。
サイケデリック色が濃いこのアルバムの中でも私はこれが最狂だと思う。
大抵の曲はドラムが真中から聴こえますが、この曲はドラムが右端から聴こえるので不思議な雰囲気なんです。
音が迫り襲い掛かられるのでは?というジワジワと浸食される恐怖を覚える。
しかもそれに留まらず最後には音が左右に動くんですよーーー
邦題は「星空のドライブ」と付いているが、
ドライブというより、頭の中を虫が這ってるみたいなんです・・。
初めて聴いた時は「うわっなんて気持ちが悪いんだーーー」と思わずイヤホンを外してしまった程(笑
こんな気持ち悪い(※褒め言葉)曲を作るなんて・・と衝撃的な1曲でした。
動画ではイマイチその感覚を味わえないかもしれませんので
興味ある方はCD等の音源をヘッドフォンやイヤホンで聴いてみて下さい。暗くすると尚良いです(笑

夜明けの口笛吹き

ピンク・フロイド / EMIミュージック・ジャパン













the beatles - tomorrow never knows


60年代といえば有名なのがビートルズでしょう。
彼等も当時サイケデリックロックを作っておりました。
こちらはアルバム「リボルバー」より「Tomorrow Never Knows」。
繰り返すフレーズが洗脳的な1曲。
そして鳥の鳴き声の様な奇妙な音がなんとも気持ち悪い(褒め言葉)曲です。
この鳥の声みたいな音は、調べた所によると「ギターを早回しにした音」なんだとか。
もっぱら聴く専門の私にはよく分からないですが、
その後の録音技術に大きな影響を残した曲なんですって。
この曲を聴くまで優等生イメージが強かったビートルズですが
なんとなーく印象が変わりましたね〜意外に彼等はダークだね・・。

リボルバー

ザ・ビートルズ / EMIミュージック・ジャパン














The Rolling Stones - Astronomy Domine


そしてビートルズと言ったら、次に出て来るのは彼等でしょ!The Rolling Stones!
ロックンロールでお馴染みのローリング・ストーンズも
流行に乗り(ビートルズに対抗して)サイケデリックなアルバムを創ったそうです。
このアルバム、ストーンズにしては超POPなんです。
まるでカラフルなおもちゃ箱や絵本の世界の様。
サイケデリックな色が強いと思ったのは動画の1曲目、その名も「魔王讃歌」(笑)かなーとは思いましたが
実は私がこのアルバムで1番好きなのは6曲目の「She's A Rainbow」。
MACのCMで使われていたので聴いた事があると思います(こちら※途中までです)カラフルで美しい!
思いっきりハマる様な強い求心力は感じられなかったが、面白いアルバムです。
サイケデリックロック好きな私としてはこういうストーンズも有り!
ちなみにミックは「またこういうのをやっても良い」といっていますが
キースはこのアルバムを「クソの塊」とけなしているそう(笑
そうか〜でもキースよ、クソはクソでも綺麗なクソですよ(下品ですみません 笑

サタニック・マジェスティーズ

ザ・ローリング・ストーンズ / ユニバーサル インターナショナル







こんな感じでした。
60年代サイケデリックロックは結構特徴的で捉えやすいですよね。
あとはまた気が向いたらサイケデリックなロックを紹介します。
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-21 18:07 | Music

Bally/SS09-Ad Campaign

c0150636_17353667.jpgc0150636_17354438.jpg



















Photographer: Mario Sorrenti

クリスティー・ターリントン(Christy Turlington)1969年生まれUSA出身
Runway(FW0910):
Ad(SS09):ESCADA


春夏のBALLYはプールの青、芝生の緑、チェアの赤、バッグの黄色と白・・
まるでクレヨンで塗りつぶしたかの様な、鮮やかな色使いが眩しいAd!(FW0809はこちら)
シーズンに相応しい爽やかさと、BALLYらしいラグジュアリーな雰囲気溢れるビジュアルですね。

フォトグラファーはFW0809に続きマリオ・ソレンティ。
こういう色使いってソレンティの得意とする所だと思います。
特にAdで、バッグの色をアクセントとしてさりげなく引立てる表現が得意なんじゃないかな、と。(例:Longchamp の08春夏)
うーん、単に私がソレンティのそんな表現が好きなだけかもしれません(笑
ソレンティは誰かのアシスタントに就いた経験は無く、全て独学で写真を学んだそうです。
90年代には当時のガールフレンドであったケイト・モスをモデルとしたCKのキャンペーンで一躍有名に。
現在も人気フォトグラファーの1人としてvogueを始めとするモード誌で活躍中です。


c0150636_17355291.jpgc0150636_1736181.jpg















モデルはクリスティー・ターリントン。
元祖スーパーモデルの1人であり、最も成功したモデルの1人です。
1987年、CKのフレグランスのイメージモデルとして有名に。
その他Valentino、Versace、YSL、DOLCE & GABBANA・・・
ありとあらゆるビッグメゾンの顔として90年代を彩りました。
またモデル業の他に「ヨガ」のインストラクターの顔も持ち合わせており本を出版したり、
プーマとコラボしヨガウェアのブランドを興しています。
私生活では03年に俳優のエドワード・バーンズと結婚し、2児の母となる。

日本では近年シャンプー「セグレタ」やキャノンのデジカメのCMに出ていましたので
名前にピンと来なくても、1度は見た事があるんじゃないでしょうか?
クリスティーは本当に美しいですよねぇ。
嫌味が全く無い涼やかな美貌はまさに「女性の憧れ」ですよ。
彼女は秋冬のYSLのAdに名前が挙がってますので(未確定かも?)
これからも私達を憧れさせてくれる事でしょう。

それでは。

c0150636_1736823.jpg














credit:Bally
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-05-19 17:48 | SS09-Ad Campaign