<   2008年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Webclap
 

BOTTEGA VENETA/FW0809-Ad Campaign

c0150636_2004727.jpgc0150636_2005589.jpgc0150636_201248.jpg

















Photographer: Nick Knight

オルガ・シェラー(Olga Sherer)1987年生まれベラルーシ出身
Runway(SS09): Dolce & Gabbana/Fendi/Christian Dior/Herms/Lanvin/Christian Dior/Herms/Louis Vuitton/
Valentino/Yves Saint Laurent and many more...
Ad(FW0809):D&G

キム・ヌールダ(Kim Noorda)1986生まれオランダ出身
Runway(SS09): Bottega Veneta/Roberto Cavalli/Balenciaga/Celine/Chanel/Christian Dior/Herms/Lanvin/
Nina Ricci/Valentino and many more...
Ad(FW0809):


霧雨が降る薄暗い時や、夕闇迫る時刻、街灯の淡い光が人々を幻想的に照らし出す・・。
交差する二人の女性達はどこかへ向かう途中でしょうか。
1人は誰かの待つ家へ、もう1人は待ち合わせの途中であったりするのかも。
そんな彼女達の周りには、凛とした静かな空気が漂っているのかもしれませんね。
淡い水彩画の様なビジュアルの中に、様々な物語を想像したくなる・・BOTTEGA VENETAのAdはそんなビジュアルです。

BOTTEGA VENETAは今回、フォトグラファーにニック・ナイトを指名。
(※BOTTEGA VENETAは毎シーズンフォトグラファーが違うのです。SSはこちら
i-DやDazed&Confused、Vogue等著名な雑誌で活躍するフォトグラファー。
ファッション・フォトの他にも、デヴィッド・ボウイやビョーク等
ミュージシャンのアルバムジャケットや、映像作品も手掛けています。
ニック・ナイトの写真は色が綺麗!デジタルで面白い写真を作る!
・・最近やっとこ彼の作品を漁りだした状態なので、この位しか言えません(笑)精進します・・。

モデルはオルガ・シェラーと、キム・ヌールダ。
オルガはSS09コレクションでは大活躍でしたか?私の見る先見る先、色んな所に出ていた気がします。
やはり高級感漂う「品」が重宝される理由でしょう。
私は彼女にファム・ファタール的印象を抱いています。
翳りがある色気とかね・・。赤毛の頃はもっと妖しい雰囲気だったんですが、今はブラウン?
若干赤っぽいかな?うーんとにかく勿体ない(笑)もう一度赤毛にして欲しいですよ・・。

一方キムは静かで地味ーな印象しか有りませんでした。眉毛が特徴的だなー位(笑
でもランウェイではビッグメゾン多数歩いてるんですよね。
このAdを見て、雰囲気が洗練された?と思いましたよ。私が気付かなかっただけかもしれませんが。
静かですが優しげで柔らかいとても素敵な空気を醸し出すモデルさんなんですね。
ちょっと興味沸きましたのでこれから気をつけて見てみます。

それでは。
c0150636_2011175.jpgc0150636_2011899.jpgc0150636_2012646.jpg


















credit:BOTTEGA VENETA
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-31 20:07 | FW0809-Ad Campaign

息抜きにSS09コレクションでも

皆様、いつもアクセスありがとうございます!
Fascinationのlunareclips_lunaです。
(どうぞlunaとでもお呼び下さい。※人様の所ではきらと名乗ってますのでどちらでも。)


さて、だーいぶ過ぎ去ってしまって今更感が有りまくるSS09コレクションですが、皆様いかがでしたでしょうか?
どこのメゾンが良かったでしょうかね。
お気に入りのモデルさん達の活躍はいかがでしたか?
気になる子は見つけられました?
コレクションはファッションウィーク開催中には真剣に見ない私(ついていけないから諦めている・・笑)でございますが、
今回は息抜きついでに、印象に残ってる所を簡単に挙げてみようと思います。
※ファッションというよりモデル中心ですのでご注意。


ええと、ファッションの方で良かったなーと思ったのが、LANVIN
くしゅっとシワ寄せたドレス達が美しかったです。
LANVINはAd含めて今一番好きなメゾン。
シンプルながら女性らしさと翳りある色気を感じる所が好き。デザイナーもかわいいの(笑

エンターテイメントとして楽しめたのは、チャーリーズ・エンジェルみたいな演出のDsquared2
いつもモデル達がランウェイで楽しく踊るSONIA RYKIEL
SONIA RYKIELはモデル好きは外せないですよね!

SONIA RYKIEL spring/summer 2009



あ、John Gallianoも可愛かったです。モデルさん達がネコみたいだった。

John Galliano spring/summer 2009




あとは、実物のサボテンを持って来てランウェイに砂を敷き詰め、砂漠に見立てたHERMES
ナオミ・キャンベルとステファニー・シーモアが歩いたのにもびっくり。
ぱっと思い出せる程印象に残ってるのはこの位でしょうかね?

モデルさん達は、moreより気になった事を箇条書で。

More
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-31 19:59

Alessandro Dell'Acqua/FW0809-Ad Campaign

c0150636_18302522.jpgc0150636_18303384.jpg

















Photographer:Glen Luchford

マグダレナ・フラッコウィアック(Magdalena Frackowiak)1984年生まれポーランド出身
Runway(SS09): Alessandro Dell'Acqua/Dolce & Gabbana/Fendi/Chanel/Christian Dior/Givenchy/Herms/Lanvin/
Louis Vuitton/Valentino and many more...
Ad(FW0809):ALBERTA FERRETI/oscar de la renta/Ralph Lauren Collection


地下室ぽい閉鎖感があるセットですね。
モデルの睨み煽る様な目付き、サテンと構築的なフォルムが美しいドレス・・
それらを照らすスポットライトがちょっと妖しい。
Alessandro Dell'AcquaのAdはシンプルですが、秘密めいた雰囲気香る美しいビジュアルです。

c0150636_18304783.jpgc0150636_18305581.jpg


















モデルはSSに引き続きマグダレナ・フラッコウィアックを起用。
エラが目立つ四角い輪郭が特徴のマグダレナ。
個性派に分類されるであろうモデルながら、正統派オーラを感じるモデルさん。
お鼻もちょっぴり丸めと、決して整った顔立ちとは言いがたいですが、それでも美しいと感じるのは
きゅっとつり上がった眉とブラウンの瞳に、強い意志・聡明さが伺えるからでしょう。
そこから生まれる凛とした芯と気品が、彼女を「正統派」なオーラ纏う美女へとしています。
ランウェイではその品と多様なルックを着こなす表現力で、様々なビッグメゾンに引っ張りだこ。
ショーの締めを飾るラストルックをまかされる事もしばしばです。
ですが私はマグダレナはスチールの方がより活きると思っているんです。
正面から見ると気になるエラ張りが、斜め・横顔だとそのラインが美しい!
・・んが、このAdはいまいち分かんないかな?(笑
痩せたのかメイクで隠されてしまったのか・・残念。
Ralph Lauren Collectionが美しいので是非取り上げたいですね。そのうち手をつけます。

それでは。
c0150636_18311314.jpgc0150636_18312128.jpg















credit:Alessandro Dell'Acqua
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-30 18:36 | FW0809-Ad Campaign

音楽雑記 29

何故かYoutubeが貼れなくなっている・・。きちんと直しておくれー運営さん。
という事で動画を含んだしょうもない冒頭文はカット。


試聴です。

オフ・ウィズ・ゼア・ヘッズ
カイザー・チーフス / / Hostess Entertainment
ISBN : B001EVNW5Y


カイザー・チーフス/オフ・ウィズ・ゼア・ヘッズ
今やイギリスを代表するバンドの1つに挙げられるカイザー・チーフス。
90年代前半のブリッドポップの影響を色濃く感じさせるポップでキャッチーな曲調が特徴。
彼らの3枚目となるアルバムが発売された。
ぱっと聴いた感じ、今までよりもずっと聴きやすくノリやすい。
がっ・・・彼ららしいコーラスが物足りなく、音が軽くなってしまったように思える。
これだ!と強くひっかかる曲は無かったかなぁ・・。
でもアルバム1枚まるまる通して聴くには、聴きやすくて良いのかもしれない。



インティマシー
ブロック・パーティー / / Hostess Entertainment
ISBN : B001EVNWSQ


ブロック・パーティー/インティマシー
ニューウェイブ、ダンス、ロックを融合した攻撃的なサウンドで
04年デビュー後瞬く間に世界にその名を轟かせたブロック・パーティー。
こちらは彼らのキャリア3作目となるアルバム「インティマシー」。
今までと同じく鋭角的な雰囲気と変則的なドラム、パワフルなボーカルがっつり!
ただ違うのはダンスビートが強まったのとボーカルの声をいじった事?
(今まできちんと聴いてきてないので確信無し。すみません)
気になっている・・のに苦手という私的ジレンマバンド(笑



MAD DISCO(初回生産限定盤)
SHERBETS / / BMG JAPAN
ISBN : B001EVNVY6


SHERBETS/MAD DISCO
1曲目「A GUN」はとってもセクシーな曲。
薄暗い不穏な雰囲気を、トランペットの音がムードを盛り上げてゆく。
気付けばSHERBETSの世界のまっただ中!
鼻にかかるベンジーのセクシーな歌声が絡み付いて離さない。
もう好きにして下さい、みたいな感じになる(←くたばった方が良い
全編黒く妖しい、不穏な空気が漂う全13曲のアルバム。
8曲目の50/50という曲が格好良いと思った。
私が言葉にするとその空気感が安っぽくなってしまうのが悔しい・・。とにかく凄く格好良いんだ!
これ欲しいー。



涙がこぼれそう(初回限定盤)(DVD付)
The Birthday / / UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
ISBN : B001EB5BMQ


The Birthday/涙がこぼれそう
シングル全四曲。1曲目の「涙がこぼれそう」はそのタイトル通りちょっと切ない雰囲気のロック。バラードではなくね。
メロディラインが覚えやすくて耳に残る。ライブで聴いて印象に残ってた曲でした。
他、重厚感が有ったりなめ腐った雰囲気だったり、噛み付く様な唄い方だったりと、
それぞれ毛色が違うロックが並ぶ。表題曲以外も楽しめるシングルだ。
ちなみに11月11日にはNEWアルバムが出るそうです。



YELLOW(初回生産限定盤)(DVD付)
電気グルーヴ / / KRE(SME)(M)
ISBN : B001DY2M1W


電気グルーヴ/イエロー
まず最初にピカチュウかい!とそのジャケットに突っ込みを入れたくなる(笑
ジャケットからはっちゃけた音を想像してしまうが(いや、有る意味はっちゃけてるのだが)
内容は前作「J-POP」を継いだ無機質で淡々とした雰囲気。
更にはそれをスタイリッシュにまとめた感じ。インパクトはJ-POPに劣るかな?
段々と静かに綺麗な雰囲気になっていったJ-POPに比べ、こちらは聴き進めるにつれ不穏な空気になってゆく。
私は中盤〜後半の方が好み。7.アキメフライ、8.the wordsが好きだ。
このアルバムを聴きながらぐだぐだと踊りたいです。
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-30 18:26 | Music

Emilio Pucci/FW0809-AD Campaign

c0150636_18501322.jpgc0150636_18502234.jpg

















Photorapher: Jurgen Teller

マリアカルラ・ボスコーノ(Mariacarla Boscono)1980年生まれイタリア出身
Runway(SS09): D&G/Dolce & Gabbana/Fendi/Gianfranco Ferré/Gucci/Moschino/Jean Paul Gaultier/Christian Dior/
Givenchy/Yves St. Laurent Rive Gauche and more...
Ad(FW0809):Moschino/Hermes/Givenchy/John galliano

c0150636_18503155.jpgc0150636_18503984.jpg














多数の色を使用した抽象的・幾何学的な独特のテキスタイルプリント、通称「プッチ柄」が有名なエミリオプッチ。
強い個性から着る人を選ぶブランドではありますが、同時にとても高い人気を誇っています。
ともすると派手で軽薄になりがちな色柄モノに、エミリオプッチは「エレガンス」を感じる。
そんな所に人を捕らえて離さない魅力の秘密があるのかもしれません。

ここが面白い!変!と正確には指摘出来ないのになんか変で面白い・・。エミリオプッチのAdはそんなビジュアル。
確かにエレガントなのに変なのは何故?
PやSなどの大きいアルファベットが有るからでしょうか?それともモデルが椅子の上に立っているから?(一番左下)
モデルの無表情も手伝っているのかも・・。
うーむ・・上手く言えないがちょっとシュ−ル。
モデルに動きが有るわけでも漂う空気感が激しいわけでもない、だけど見る者を惹き付ける強烈な「個性」がこのAdには有ります。

c0150636_18504739.jpgc0150636_1851537.jpgc0150636_18533714.jpg













フォトグラファーはユルゲン・テラー。
気取ったポーズはあんまりしない、逆に変な事はやっちゃったり。そんなちょいコミカル・シュールな絵を撮る方。
対象を芸術品としてよりも「リアル」に撮るという印象。
芯の無いもやーんとした雰囲気や、被写体の匂いが香って来るかの様な生っぽさも特徴に挙げたい。
ユルゲン・テラーの写真は一発で「ユルゲン・テラーの写真だ!」と分かる。その位独特です。
前も言った事があるが、私は苦手なタイプ(笑)このもやもやなまなま感がどうしても苦手なのだー。
ダメと言ってるんじゃなく、苦手となる位その個性が強烈だという事ですよ。
好きになると物凄ーくハマる中毒性がある方だと思います。

モデルはマリアカルラ・ボスコーノ。既にモスキーノでちらっと文にしたので省略させていただきますね。
特別なオーラを持つベテラン・個性派モデル。今期のAdで大活躍の1人です。

c0150636_18591397.jpgc0150636_18534512.jpgc0150636_18535229.jpg













ブランドも個性的ならフォトグラファーも個性的、更にはモデルまでも個性的!
そりゃ個性的なビジュアルに仕上がるよなーと納得のAdです。
それぞれの魅力を相殺する事なく引立ててる所も凄い。
苦手でもやもやしつつも何か気になってジーッとみてしまうAdです。

・・そうやっていつの間にかプッチ柄のサイケデリックな幾何学迷路に迷い込んでたり
ユルゲン・テラーの強烈な個性の中毒になってるかもしれませんね(笑

それでは。

c0150636_1854131.jpgc0150636_18541045.jpg












cradit:Emilio Pucci
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-28 19:19 | FW0809-Ad Campaign

Salvatore Feragamo/FW0809-Ad Campaign

c0150636_19591634.jpgc0150636_19594393.jpgc0150636_19595191.jpg

















Photographer:Mario Testino

クラウディア・シファー(Claudia Schiffer)
1970年生まれドイツ出身
Ad(FW0809):CHANEL


Salvatore Feragamo(以下フェラガモ)は今までの流れを汲み映画のワンシーンの様なビジュアル。SSはこちら。
今回は、公演後バレリーナ達を労いにバックステージを訪れたセレブ・・というシチュエーションでしょうか。
モノクロで色が無い世界なのにビジュアルとしてとても華やかですね。
ざわめきやカメラのシャッター音、バレリーナ達の可愛いおしゃべりも聞こえて来てきそう。
次の瞬間には動き出すのではないかと思う程、その場の臨場感というモノを感じます。

モデルは今やフェラガモの顔としてすっかりお馴染みのクラウディア・シファー。
90年代スーパーモデルの代表として彼女の名もまた、リンダ、ナオミに並び挙げられます。
「ドイツが生んだブリジット・バルドー」「生きたバービー人形」と評された甘くセクシーな容姿で、
デビュー後瞬く間にトップに上り詰め一世を風靡しました。
シャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルド氏のミューズとして有名です(※今のAdにも起用されています。)

フォトグラファーはマリオ・テスティーノ。
・・もう散々その魅力、もとい好きだ!と熱く語ったので省略しますね(笑
どうでも良い情報を追加するなら、
私がテスティーノの写真に魅せられたきっかけは、このフェラガモのAd(FW0708)なのです。

思い返せば今の元祖スーパーモデル回帰のAdは、このフェラガモのAdから始まった様に思います。
(FW0708からで、その時はフォトグラファーはテスティーノ、
モデルに元祖スーパーモデルのクラウディア・シファーとステファニー・シーモア。)
FW0708フェラガモのAdで始まり、SSのルイ・ヴィトンのAdが(コレクションもか?)決定打になったと私は思っております。
それ程目を引いてインパクトがあったって事なんですけども。
Adの流行は、ビッグメゾンや著名なフォトグラファーが作り出しているんだなぁと1人感心しておりました。
それほど彼らの影響力はやはり大きんですねぇ。
あぁ、あと興味深いと思ったのが、「スーパーモデルブームの90年代、モデル重視に傾いたファッションフォト界をイメージ重視へと再び持っていった」と言われているテスティーノが、今再びスーパーモデル回帰の立て役者の1人に成っている事。
ファッションフォト界の流れを変えた彼が
今またゴージャスなスーパーモデル達を蘇らせる切っ掛けを作るとは・・うーんなんか色々と凄いです。

※あくまでも私の考えですので・・あんまり気にしないで下さいね。←逃げ(笑

それでは。

c0150636_200117.jpgc0150636_2001959.jpg


















credit:Salvatore Feragamo
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-24 20:05 | FW0809-Ad Campaign

きらきら/Cocco

きらきら(初回限定盤)
Cocco / / Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)
ISBN : B000RG15EW





普通に数枚紹介しようと思ったらCoccoだけ長くなったなったので1つにしました・・。

鼻歌みたいな軽〜い雰囲気が受け入れられずで、発売当時はスルーしたこのアルバム。
また挑戦すべく借りてみましたよー。
このアルバム「きらきら」のツアーを見たという事も有って今回はすんなり聴く事が出来ました。
好きな曲だけピックアップしてご紹介。

1曲目「燦」
エコーとハモリで反響するCoccoの歌声が非常に美しい。
「不思議な星のお話」「幾億の星」の歌詞通りの幻想的にキラキラと漂い煌めく雰囲気。
不意に鳴り出す笛(フルート系の笛の意味では無い)が行進曲の様にも聴こえてきて
おとぎの国の住人達が「しゃんりらりらとぅるりんさんさん」と音楽に乗ってやって来そう。
ライブのオープニング曲で、一瞬でその世界に引込まれた曲です。

4曲目「甘い香り」
歩きながら唄っている様。ちょっぴり切ないのに、そこに留まらず明日への希望を感じさせる雰囲気が好き。
冒頭「行こうぜ」って「ぜ」っていうのが可愛いー。

7曲目「秋雨前線」
ヴァイオリンがドラマチックに盛り上げてる曲。
女の人の声とヴァイオリンの音色って合うと思うんですよ。
繊細な所と泣き声みたいな所が似てると思う。
歌詞はよく読んで無いが曲の雰囲気だけで切ないと感じる。
でも昔のCoccoと違ってただひたすら悲しいのみの切なさじゃ無いんですよね。
前向きで動き出そうとする姿勢が感じ取られて、ぐっと来るというか。
ひた向きな感じ・・・。うん、そういうのが良いですね。

次の8曲目「Baby after you」は遊び心があって楽しい曲。
アイドルと熱狂的ファン達みたいな設定。
Coccoが唄うのにあわせて男の人達が「after you!!」と野太い声で掛け声をするという・・(笑
キャッキャとはしゃぐCoccoも可愛くて、一緒に「after you!!」と言わずにはいられない。

14曲目「ハレヒレホ」
ヴァイオリン、タンバリンが楽しげに鳴るカントリー調な曲。
ハレヒレホハレヒレホ−♪と一緒に唄いたくなる魔力がこの曲には有る(笑
歌詞も可愛い。「君がだ・い・す・き・さっ!ヒューウ!」

15曲目「タイムボッカーン!」タイトル通り弾けちゃってる一曲。これまた可愛いんだー。
終わった恋をタイムマシーンに乗ってあの頃に戻ってやり直せたらなぁ・・な曲。
ちょっぴり切なく、でもあくまでも可愛く!情念めいたモノは一切なくカラッとね。
ライブでは皆タオルをぶんぶん振り回してたので、これを聴くと思わず腕が動きだしそうになるという・・(笑

ラスト18曲目「Never ending journey」
これはいつだか語った事があるので省略。この曲大好きだ。


穏やかに満たされた心(と、思われる)から生まれる楽しげで前向きな楽曲達が全18曲と盛り沢山に詰め込まれてる。
まさにタイトル通りに「きらきら」だ。
狂気めいた感情を思いっきりぶつけるCoccoが好きだったけど
そういう嵐みたいな状態が落ち着いて、穏やかな彼女になっても
それはそれで素敵な世界を見せてくれるから良いもんだ、と思えました。
Coccoはこわーいっていう印象が有る人には是非聴いてみて欲しいアルバム。
彼女のイメージが変わります。

More
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-24 19:46 | Music

Max Mara/FW0809-Ad Campaign

c0150636_1915374.jpgc0150636_19155676.jpgc0150636_1916639.jpg


















Photographer: Craig McDrean

スネジャナ・オノプカ(Snejana Onopka)1986年生まれウクライナ出身
Runway(SS09):Alessandro Dell'Acqua/D&G/Dolce & Gabbana/Etro/Gucci/MaxMara/Missoni/Roberto Cavalli/
Isabel Marant and more...
Ad(FW0809):HUGO BOSS'Hugo'/Vittadini/Cle de Peau BEAUT

ハイ・パク(Hye Park)1985年生まれUSA出身(韓国系アメリカ人らしいです)
Runway(SS09):Derercuny/La Perla/MaxMara/Diesel/Oscar de la Renta/Naeem Khan/Akris/Dries van Noten/Loewe/
Louis Vuitton and more...
Ad(FW0809):


無駄な装飾が無くシンプルで飽きのこないデザインという印象のMax Mara。
Adの方もその印象と同じく、いつもシンプル・イズ・ベスト!なビジュアルを展開しています。SS はこちら。
今回は、黒く囲んだアイメイクと、無表情を通り越して睨みつけているかの様なモデル達が
シンプルながらもエッジが効いた雰囲気に仕上げています。

モデルは無表情系モデルのスネジャナ・オノプカとハイ・パク。

ハイはアジアンらしいすっきりとした顔立ちで
エレガント系からコミカル&シュール系と、様々な色に染まれるのが強み。
04'デビュー以来順調にキャリアを重ね、今やアジアンモデルの代表格として挙げられる活躍を見せています。
このハイは格好良いですね!スッとした一重に強いアイメイクって凄くクールです。
ザ・アジアンビューティーといった感じ。
西洋の美しさは勿論ですが、アジアン独特のオリエンタルな美しさもやはり素敵です。

c0150636_19161545.jpgc0150636_191625100.jpgc0150636_19163466.jpg



















スネジャナは05'スティーブン・マイゼルによって見出され、
Dolce&GabbanaとPradaのAdに起用された事をきっかけにブレイク。
時に痩せ過ぎとも取られるほっそりとした肢体と、無表情から生まれる冷たい空気感・翳り有る雰囲気が特徴です。
その独特の「陰」の雰囲気に誤魔化されがちですが、じっと見つめるととても美しい顔立ちという事に気付く。
陰気な雰囲気を「薄幸の美女」に、冷たい空気感を「神聖な美女」にする美しさだと思います。
(私的にスネジャナはアーサー・ヒューズのオフィーリアのイメージ。繊細な美しさと薄幸さが・・。)
左右対称の上品な顔立ちなんですよねー。その美しさで資生堂の「クレド・ポー・ボーテ」の顔となっています。
クレドはいつも美しいスネジャナを見せてくれるから大好き。
今のビジュアルはちょっと微笑んでるから「天上の美しさ」と評したい雰囲気です。こちらからどうぞ。
(ちなみに私はスネジャナも贔屓 笑)
最近はランウェイでの活躍が減ってしまったのは資生堂のキャンペーンが大きいからかな?
ランウェイよりはスチールでの彼女の方が好きではありますが、
いないと寂しいのでまたランウェイでもバリバリ活躍して欲しいですね(特にパリで!

それでは。

c0150636_19164445.jpgc0150636_19165487.jpgc0150636_1917146.jpg

















cradit:Max Mara
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-23 19:30 | FW0809-Ad Campaign

GUCCI Hysteria Collection/FW0809-Ad Campaign

c0150636_18532998.jpgc0150636_18533970.jpg

















Photographer:???

リリー・ドナルドソン(Lily Donaldson) 1987年生まれイギリス出身
Runway(SS09):Dolce & Gabbana/Fendi/Gucci/MaxMara/Versace/Chanel/Christian Dior/Givenchy/Herms/Lanvin
and many more...
Ad(FW0809):Dolce & Gabbana/GUCCI /GAP/H&M

c0150636_18534985.jpgc0150636_1854118.jpg














「Hysteria Collection(ヒステリア・コレクション)」は08SSから展開されたGUCCIのバッグの新たなラインです。
フリーダ・ジャンニーニ(現デザイナー)によりGUCCIの伝統に、新しい風が吹き込まれ生まれたHysteria Collection。
力強くシャープなデザインは、エレガントさはそのままにファッション性がより強まりました。
そして50年代始めにグッチオ・グッチによって用いられた「クレスト(盾型の紋章)」と組み合わされる事によって、
印象的なビジュアルが完成すると共に
GUCCIの豊かな「伝統」と明るい「未来」の融合というメッセージが示されています。

c0150636_19102874.jpgそのヒステリア・コレクションのAdは、
GUCCIのクレストが分からないと意味不明なビジュアルですが・・
実はど・ストレートな表現。
50年代始めにグッチオ・グッチによって用いられたクレストのモチーフである「鎧で身を固めた騎士」が使用されています。
深みと重みが感じられるゴールドの騎士にGUCCIの「伝統」を、そして美しいモデルにGUCCIの「未来」を示したビジュアルでしょう。

モデルはリリー・ドナルドソン。
既にGUCCIのAdでウザイ位語った通り、GUCCIにリリー・Dは非常に合うと思います!
今回は大きく波打つ髪がエレガントな雰囲気を強めていますね。
最近リリーは、より輝きを増した様に思えます。


美しいとしか言い様が無いのですがどうしたら良いでしょう・・。
いや、もうそれ以外の言葉は無用ですね(笑
私の言葉でどうこう語るより、リリー・Dを見て頂いた方がその美しさが伝わるでしょう。

このキャンペーンには動画もあるのでそちらも是非ご覧下さい。
リリー・D美し過ぎです!
GUCCIのキャンペーンという事を忘れそうになります。

それでは。


cradit:GUCCI
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-21 19:14 | FW0809-Ad Campaign

GUCCI/FW0809-Ad Campaign

c0150636_2142918.jpgc0150636_2143813.jpg













Photographer: Inez & Vinoodh

リリー・ドナルドソン(Lily Donaldson) 1987年生まれイギリス出身
Runway(SS09):Dolce & Gabbana/Fendi/Gucci/MaxMara/Versace/Chanel/Christian Dior/Givenchy/Herms/Lanvin
and many more...
Ad(FW0809):Dolce & Gabbana/GUCCI Hysteria Collection/GAP/H&M

アビー・リー(Abbey Lee)1987年生まれオーストラリア出身
Runway(SS09):Alessandro Dell'Acqua/Fendi/Gucci/Versace/Ralph Lauren/Celine/Chanel/Christian Dior/Givenchy/
Sonia Rykiel and many more...
Ad(FW0809):D&G(Pre-fall)/CK Jeans

エニコ・ミハリク(Eniko Mihalik)1988年生まれハンガリー出身
Runway(SS09):Blumarine/MaxMara/Moschino/Versace/DKNY/Donna Karan/Celine/Givenchy/Isabel Marant/
Kenzo and many more...
Ad(FW0809):

c0150636_2145797.jpgc0150636_215787.jpg














今回のGUCCIのAdはSS と打って変わって「妖精達のダンス」と言い表わしたくなる
ファンタジックかつ、ボヘミアンなビジュアルですね。
しかもどこか儀式めいていてなんだか不思議な雰囲気を醸し出しています。
このAdはモデルさん達ポージング大変そうですよねー。
難易度がめちゃくちゃ高い不思議ポーズばっかりだと思う(笑
メイン(手前・大きく)に扱われているリリー・D以外は新人と言う事も有り、
魅せ方がまだまだな感じだなぁーというのが正直な感想・・(笑
雰囲気として好きなのは意外にも、4段目の真中、下半身のみのビジュアル。ロマンチックで可愛いです!

モデルは今やすっかりベテランの風格が漂うリリー・ドナルドソンと新人のアビー・リー、エニコ・ミハリク。
そしてカシアとケセニアの名前が挙がっていましたが・・・顔を確認出来ないのでプロフィールは省略させて頂きます。
(当初はマーシャ・Nの名前が挙がっていたのですが、変更があったのか結局起用されなかったみたいです。
GUCCIに合うと思ってたのでとても残念。)

c0150636_2152670.jpgc0150636_2153789.jpg














個人的な見解ですが、GUCCIとリリー・Dって凄く合うと思います。
イギリス出身のモデル(ケイトやカレンetc)独特とも言える、リラックスした雰囲気の中にも見える「芯」と、
フリーダ・ジャンニーニ(デザイナー)になってからのグッチの特徴である
「強くてセクシーな女性像」「ROCK色」にピッタリハマるなぁと。
更には「伝統と品質の良さ」を感じさせるグッチのイメージに、
リリー・Dのノーブルな雰囲気ってベストマッチなのでは?!と思ってるんです。
・・えぇ、私はリリー・Dびいきです。すみません(笑
でも、その贔屓目抜きにしても合うと思うんですよー。いかがでしょうか?

アビー・リーはフォトグラファー、マリオ・テスティーノに見初められ
D&Gのキャンペーンやモード誌エディトリアル多数に起用される等、瞬く間にスターダムにのし上がったラッキー・ガール。
同じオーストラリア出身と言う事で、ジェマ・ウォードのドール系路線を引継ぐのはこのアビー・リーか?
私はイマイチまだそのテスティーノが惚れ込んだ魅力が理解出来ていないのですが・・可愛いなーとは思います。はい。

c0150636_2111348.jpgc0150636_2112193.jpgc0150636_2113542.jpg









エニコ・ミハルクはデビューは06'みたいなので「新人」とするにはちょっと違うのかな?
目立って来たのは最近で、このAdを撮影したフォトグラファー、イネス&ヴィヌードのお気に入り。
Vマガジンのカヴァーの他モード各誌でエディトリアルに起用されています。
私が思う彼女の魅力は、イノセントな雰囲気とアンニュイな目元だと思います(moreから画像載っけときますねー)
メランコリックというか、見透かされそうな瞳と言うか・・うーん言い表わすのが難しい。
私は結構好きなタイプ。でも、コレクション等で引きで見ると・・なんかもっさりなんですよね(笑
断然スチールで活躍するタイプでしょうか。

彼女達がどう成長するのか楽しみですね。

それでは。
c0150636_2171339.jpgc0150636_2114611.jpgc0150636_2115743.jpg









cradit:GUCCI

More
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2008-10-17 21:18 | FW0809-Ad Campaign