音楽雑記 83

毎日毎日暑いですね。
暑さに弱い私にはキツい毎日です。ダルダルのダラッダラですよ。
そんなダルダルのダラッダラな私の最近のお気に入り音楽はLAMBのGabrielです。
その他よく聴く音楽を挙げておきます。




Gabriel/Lamb


http://www.youtube.com/watch?v=vM2cvLKjNZs

Lamb(ラム)はイギリス・マンチェスターで95年に結成された男女のデュオ。
トリップホップを代表するバンドとして挙げられる。
ダークで無機質なエレクトロミュージックに乗る、暖かで人間味に溢れた歌詞・・
相反する2つが重なり合い、Lamb独自の世界を構築している。
Gabrielは3rdアルバム「What Sound」に収録されている曲。
恋の歌なのだとは思うが、多分そんな単純なモノでは無いんだろうな。
ガブリエルの名前には「神は私のよりどころ」等の意味があるそうで
繰り返し「My angel gabriel My angel gabriel My Angel My Angel.....」と唄う様は
崇拝に近いモノを感じます。
私は歌詞というより雰囲気が好きなんですけどね。
壮大で優美、繰り返し聴いていると世の喧噪・煩わしさがそげ落ちて行く様で。
このアルバム自体とても美しくて好きなんですよ。
1曲目のWhat Soundが鳴りだすと、すっと体の力が抜けます。
どうやら私にとってのヒーリングミュージックの様です、このアルバム。

What Sound

Lamb / Polygram UK












A Prayer For England/Massive Attack


http://www.youtube.com/watch?v=y6WaZ0MEt5Q

お次はしつこい位に好きと言いまくってるMassive Attack。
(同じくMassive Attack好きと言ってくれる方がチラホラ居て嬉しいです!)
アルバム100th Windowより「A Prayer For England」。
ゲストヴォーカルのシンニード・オコナーの唄声と、
それを支える静かに唸る様に鳴る低音ベースが好き。
小高い丘に立って風に吹かれながら遠くを見つめてる様な、何かを祈ってる様な
そんな気分にさせられる(と思ったらイギリスへの反戦歌らしい)
3人組のユニットから一人抜け、デュオになったと思ったら、片割れは産休入り
実質3Dが1人で作ったというこのアルバム。
評判がイマイチな様ですが私は結構好きですよ。
他のアルバムより音がちょっと軽いけど、その分ダークでも繰り返し聴けるから。
より無機質なのも涼し気で良い。
他にもWhat Your Soul SingsSpecial Casesが好き。

100th Window

Massive Attack / Virgin Records Us












summertime clothes/Animal Collective


http://www.youtube.com/watch?v=GxhaRgJUMl8

アメリカで2000年に結成されたAnimal Collective(アニマル・コレクティヴ)
こちらは09年に発売された8枚目のアルバム「Merriweather Post Pavilion」よりsummertime clothes。
キラキラとした浮遊感の有る前衛的ポップサウンド。
キラキラ・うねうね・ふわふわ渦を巻くサイケデリックサウンドに気付けば飲み込まれている。
へんてこなのって堪らなくいいよね。
予測不可能な音の重なりに、グッと来るし、次は何が起こるのかとワクワクします。
その曲のメロディを覚えるとすぐ飽きる傾向が私にはあるので
予測不可能、覚えにくい・掴みにくいメロディ(やリズム・音)って惹かれます。
他にもBluish辺りが綺麗で素敵です。
でも一番好きなのはMy Girlsかな。うーんどうだろ。
1枚のアルバムまるごとキラキラしてて好きですね。

Merriweather Post Pavilion

Animal Collective / Domino












Saturday Sun/NICK DRAKE


http://www.youtube.com/watch?v=so8JnFoYh5o

生前まったく評価されないまま28歳でこの世を去ったニック・ドレイク。
こちらは69年に発表された1stアルバムFive Leaves Leftより「Saturday Sun」。
これが評価されなかったなんて信じられないよね。
私は大好きでプレイリストから絶対外さないアーティストの1人。
繊細でシンプルなサウンドと、この人の低く柔らかな声が好き。
アルバムのラストを飾るこのSaturday Sunは
ジャジーに色付けされ、暖かみに溢れている感じがする。
ニックの弾くピアノがそっと寄り添う様でなんだかホッとするんです。
沢山の音を聴いて、どれにも聞き飽きてウンザリした頃ニック・ドレイクを聴くと
すーっと体にしみていく感じがする。
なんだかんだいってシンプルなのが1番って事かね。

ファイヴ・リーヴス・レフト

ニック・ドレイク / USMジャパン










こんな感じです。
トリップホップと言われるものを重点的に聴き漁っているので基本ゆったりダルい曲ばかりです。
今は軽快なのとかガツンと来る様なのは疲れて聴けません。
あんだけ好きだったOasisやArctic Monkeys、Primal Screamがまったく聴く気しない・・。
涼しくなればまた変わるんだろうな。
てことで、早く涼しくなりますように。
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2010-09-03 18:16 | Music

<< 音楽雑記 84 Bottega Veneta/... >>