ST. JOHN/SS2010-Ad campaign

c0150636_17421644.jpgc0150636_17422977.jpgc0150636_17424027.jpg



















Photographer:Greg Kadel

カレン・エルソン(Karen Elson)
1979年生まれイギリス出身
Runway(SS2010):
Ad(SS2010):


アメリカのニットウェアブランドSt.John(セントジョン)は
「着心地が良く飽きのこないニットドレス」をコンセプトに1962年、モデルのマリー・グレーによって設立された。

05年からハリウッド・女優のアンジェリーナ・ジョリーを広告塔に起用して来たが
この度、「ブランドよりもアンジェリーナの存在が目立ちすぎてしまった」として契約更新しない事を発表した。
「今後は新しい展開を図るため、女優やブロンドのイメージを避け、
クリーンで現代の女性を象徴するモデルのカレン・エルソンをモデルにする」とし、イメージを一新している。





http://www.youtube.com/watch?v=4rQpxmZT2mg




アンジーの時(こちら)は映画のワンシーンの様で美しかったのですが、確かにアンジー自体が目立ち過ぎるかな?
その反動か、SSのAdはドレス自体を活かすシンプルなスチールに。
黒いドレスに白い肌、燃える様な赤毛・・・・それぞれの対比が美しい。
カレン好きな私としてはこれは嬉しいです。
動画が素晴らしいので是非。笑顔が可愛い。
次もカレンなんでしょうかね?今後どうイメージを展開して行くのか興味があります。



c0150636_17424918.jpgc0150636_17425855.jpg

















フォトグラファーはモデルを美しく撮る事に定評が有るグレッグ・カデル。
自身はファッションフォトについて、
「女神と作り手の関係そのもの。」と語る。
「構図より大事なのは、インスピレーションを与えてくれる女神。
つまりモデル達。彼女達と出会い、初めて女神の美しさを強調する術を見出す事が出来るのだ。」

モデル達への強いリスペクトを覗かせている。
「女神」と称す通り、まるで女神を崇める信奉者の様なショットが多く見られる。
一人一人の魅力を繊細に捉え、美しく撮ってくれるので
モデルファンが共感出来るフォトグラファーではないだろうか。
美しいエディトリアルの数々をmoreから・・



c0150636_1743676.jpgc0150636_17431398.jpg


















credit:ST. JOHN







広告ではカデルの魅力が半減している様に思うが
自由度の高いエディトリアルでは思う存分発揮されている。




Numéro #63 "Acapulco"
Model:Inguna Butane
c0150636_17471967.jpgc0150636_17473091.jpg















美しいイングナ。彼女は横顔が綺麗。
そういえばイングナとカデルはよく組んで仕事をしていましたね。
めっきり見掛けなくなって寂しいです。また沢山イングナが見たい・・。










Numéro #81
Model:Coco Rocha
c0150636_17484674.jpgc0150636_17485895.jpgc0150636_1749642.jpg


















「踊る妖精」と称されるココの軽やかなショット!
美しい!これ大好きです。










Numéro #87 oct 2008
Model:Stephanie Seymour
c0150636_17491690.jpgc0150636_174923100.jpgc0150636_17493443.jpg


















黒いヴェールが美しい未亡人を連想させる。
ステファニーのアダルトで妖艶な魅力が満載。










Numéro #104 "Forest Princess"
Model:Vlada Roslyakova
c0150636_17494233.jpgc0150636_17495169.jpgc0150636_17495936.jpg


















Forest Princessとタイトル付けられたエディトリアル。
妖精系モデル、ヴラダのファニーな魅力が炸裂。










Muse #20
Model:Abbey Lee Kershaw
c0150636_1750819.jpgc0150636_17501780.jpgc0150636_17502579.jpg


















特に好きではなかったアビー・リーは左上で惚れました。
あどけなさが有る横顔がノスタルジック。部屋に飾っておきたい。










US Harper's Bazaar January 2010 "Hits from the Collections"
Model: Anja Rubik
c0150636_17503521.jpgc0150636_17504311.jpgc0150636_17505366.jpg


















最近のクールな印象のアンニャに珍しく、こちらはフェミニン。
とっても美しいです。







好きなモノが多くて選びきれなかった!
1つ1つがモデルへの愛に溢れてるのでカデルは好きなのです。
「このモデルってこんなに美しかったんだ、こういう雰囲気が合うんだ」と気付かされる事が多々。
アリS(FW0809ZARA trafalucでチラッと紹介しました。一番下です。)やアビー・リーなんかがそうでした。
早く写真集を出して欲しい一人。


長くなってしまってごめんなさい。
自己満に付き合ってくれてありがとうございました。
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2010-01-27 18:03 | SS2010-Ad Campaign

<< BCBG MaxAzria/S... LOUIS VUITTON/C... >>