音楽雑記 39

普段モデルやAdだけで、音楽に興味が無い人も楽しめる様に・・と言う事で、
今回はスーパーモデルが出演しているMusic Videoをご紹介します!





PRIMAL SCREAM×ケイト・モス-「Some Velvet Morning(2002年)」



スーパーモデルが出てるPVと言われて、私が真っ先に浮かぶのはこれ!「some velvet morning」。
(※Lee Hazlewood & Nancy Sinatraが原曲らしい)
大好きなプライマル・スクリーム×ケイト・モスの夢の共演。
PVのみならずデュエットという形でしっかりケイト唄っています。
サイケデリックな映像とボビー&ケイトの囁く様な歌声が堪らなくセクシー!
歌詞もまた印象的です。
Look at us but do not touch♪Phaedra is my name....♪
「私達を見て でも触れちゃダメよ・・ 私の名前はフェードラ※フェードラとはギリシャ神話に登場する娘の名。
蝶の様にヒラヒラと舞う、掴み所の無い雰囲気がまさにケイト・モスのイメージとピッタリの一曲。
何十回も繰り返し聞いてしまう中毒性があります。プライマルスクリームの中でも大好きな1曲です♪

ちなみにプライマルスクリームのVo.ボビー・ギレスピーとケイトは友人関係に有る様で
これ以前にも「kowalski」という曲でも共演していました。

イーヴル・ヒート(紙ジャケット仕様)

プライマル・スクリーム / SMJ(SME)(M)










Marianne Faithful×ケイト・モス「Sex with Strangers(2002年)」



ケイトでもう1つご紹介。
60年代デビューの大ベテラン歌手&女優のマリアンヌ・フェイスフルのPV。
ケイトはミック・ジャガーと付き合ってた頃のマリアンヌ・フェイスフルに憧れてる(てた?)なんて話がありましたが・・
ケイトの中の「ケイト・モス像」は60年代のマリアンヌ・フェイスフルなのかも。
ドラッグ&ロックンロールな感じが・・。
ちなみにマリアンヌ・フェイスフルはケイトもびっくりなスキャンダラスな過去がある。詳しくはwikiでどうぞ。
もう1つ、この曲はBECKが演奏しとりますのでそちらも注目です!

キスィン・タイム

マリアンヌ・フェイスフル / EMIミュージック・ジャパン











Black Cowboy×ジゼル・ブンチェン「come on(2008年)」



お次はBlack Cowboy×ジゼル・ブンチェン。
Black Cowboyとはアメリカのバンドらしい?彼らの事は全然知らないし、ジゼルとの関係もイマイチ分からない・・。
バンドのメンバーと親交が深い俳優のルーカス・ハースの友人であり、
ジゼルの元彼であるレオナルド・ディカプリオ繋がりであるとか??
Black Cowboyとジゼルの直接関係はナシ?(笑
ちなみに残念ながら私、これ系の音楽には食指が全く動きまへん・・。
ですがジゼルは美しい・・やはり彼女はスタイルが素晴らしいですね!
(※ジャケ写はありませんでした)









Jamiroquai×ハイディ・クルム「Love Foolosophy(2001年)



お次はスーパーモデルというにはちょっと語弊があるだろうか?でも折角だからご紹介。
Jamiroquai×ハイディ・クルムの共演PVです!
プールに突き落とすハイディが格好良いぞ!
他にも美女盛り沢山で目の保養になります。ちょいとオバカっぽいのも楽しいですね。
タイトルのFoolosophyは愚かと哲学を組み合わせた造語らしい。うーん・・確かに愛は愚かで哲学的ですものねぇ(謎
そういや私はジャミロクワイのCDを持ってた筈だが・・はて、どこにいったのかしら・・・。
この人の独特の声が好きでした。

High Times: Singles 1992-2006

Jamiroquai / Sony











Guns N' Roses ×ステファニー・シーモア「November Rain(1992年)」



お次はもうちょい年代を遡りまして
92年のGuns N' Roses ×ステファニー・シーモア。
有名なエピソードですが、ガンズのアクセル・ローズとステファニーは当時付き合っており
November RainのPVに恋人役としてステファニーを出演させました。
しかし後に泥沼化した2人・・(※アクセルの暴力が原因)今となっちゃ互いに消し去りたい過去かもしれません・・。
更に追い打ちをかける様に(?)、2008年米エンターテインメント・ウィークリー誌が選ぶ、
映画やミュージックビデオに登場した「最も最悪なウェディングドレス9着」のうちの1着に
このPVのウェディングドレスが入ってました〜!あちゃー・・。
PVと曲自体は映画の様で美しいんだけどね〜。
一時のテンションで恋人と一緒に仕事をしてしまうと後々色々と後悔するかも・・って教訓ですな(笑
ちなみに私はガンズならこの曲よりウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルが好きです。

Greatest Hits

Guns N' Roses / Geffen Records











Duran Duran×クリスティー・ターリントン「 Notorious (The Latin Rascals Mix)1989年」



更に元祖スーパーモデル繋がりで、日本ではシャンプー「セグレタ」でお馴染み、
クリスティー・ターリントンも89年にPVに出ている。
Duran Duran×クリスティー・ターリントンです!
サイケデリック・ファンク・ダンスな格好良い1曲。
そして何よりクリスティーの美女っぷりにぶったまげる!視線がミステリアス〜。
今じゃ「ヨガ」でナチュラルなイメージが強いクリスティーですが、当時はギランギランだったんですね。
素晴らしい美しさです・・。
クリスティーは90年にもジョージ・マイケルのPVに出演している様です。
デュラン・デュランはきちんと聴いた事が無いので聴いてみようっと。

Notorious

Duran Duran / Capitol







私が思い出せる範囲ではこの位でした。きっと探せばまだ有る事でしょう。

昔から切っても切れない密接な関係にある「音楽」と「ファッション」。
(※例えばピストルズとパンクファションや、ニルヴァーナとグランジファッション等、
音楽(厳密に言うとROCK)はファッションのムーブメントをも起こして来ました。)
私がどちらにも(正確にはファッションと言うよりAdですが)心惹かれるのも自然の流れというものでしょう(笑
これからも追い続けて行きますよー。そしてまたこの特集が出来たら良いですね。
音楽もファッションも互いに刺激し合い素晴らしいモノを産み出していって欲しいです。
ではお付き合い下さいました皆様、ありがとうございました!

※PCのバージョンや環境により、重かったり見れない場合があるかもしれませんがご容赦下さい。
[PR]
Webclap
 

by lunareclips_luna | 2009-03-17 15:38 | Music

<< Alessandro Dell... Emilip Pucci/SS... >>